月刊バスケットボール8月号

Bリーグ

2023.03.10

仙台89ersとアルバルク東京が試合日に募金活動、全額を寄付と報告

両チームの選手、チアが直接募金を呼びかけ


3月8日、ゼビオアリーナ仙台での仙台89ers対アルバルク東京で、両チームと89ERSチアーズによるトルコ・シリア地震救援金募金活動を実施。176,582円が集まったとチームが報告した。

【写真】募金活動を報告する仙台の投稿がこちら

スーパースポーツゼビオデーと題して行われた仙台89ersとアルバルク東京の対戦。トルコ・シリア地震被災者支援のため、場内に募金箱を設置したほか、両チームの選手、89ERSチアーズも立って直接募金を呼びかけた。

チームは「皆様から寄せられた176,582円は、日本赤十字社 宮城県支部様を通じて、被災された方々への救援金として寄付させていただきます。皆様のご支援、誠にありがとうございました。被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます」とSNSで綴っている。

2月6日にトルコ南部で発生した大地震では、トルコ、シリア両国でおよそ5万2,000人の死者が確認されたほか、13兆円を超える被害額になると報道されている。


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 仙台89ERS Bリーグアルバルク東京

PICK UP

RELATED