月刊バスケットボール8月号

NBA

2023.02.28

今季故障続きのラメロ・ボール、右足首を骨折とチームが発表

今季不運続きのボールが右足首を骨折


現地2月27日(日本時間28日)、ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ)はホームでのデトロイト・ピストンズ戦で転倒。その後、チームから右足首を骨折したと発表された。

【動画】ラメロ・ボールの転倒シーン(その後骨折と判明)を見る

問題の転倒が起きたのは3Q残り10分を切ったところ。右ウイングでバックビハインド・ドリブルをして右側に移動したところで接触はなかったものの、転倒。すぐにボールを味方にパスすると、顔をしかめて右足首を押さえた。ボールはそのままコートをあとに。試合後、チームから「本日のピストンズ戦で、ラメロ・ボールが右足首を骨折しました」と発表された。詳細は発表されていないものの、今季は終了となる可能性は高いだろう。

昨季、キャリア初のオールスター・ゲーム出場を果たしているボールは、今季、度重なるケガに悩まされてきた。
まずプレシーズンゲームで左足首をねんざし、レギュラーシーズン開幕から13試合欠場。現地11月12日のマイアミ・ヒート戦で復帰したものの、復帰3戦目で観客の足を踏んで左足をねんざ。その際は11試合を欠場して現地12月14日のピストンズ戦で復帰したが、現地1月18日のヒューストン・ロケッツ戦でブロックの際に、チームメイトの足の上に着地して右足首をねんざ。この際は3試合の欠場だけで済んだものの、今度は右足首骨折という大きなケガを追ってしまった。

試合後、スティーブ・クリフォードヘッドコーチは「彼はとても良いプレーをし始めていたところだったし、チームも明らかに良い試合ができていただけに、タフな状況になってしまった」とチームにとって痛い故障だとコメントした。試合は117-106で勝利している。

ちなみに兄のロンゾ(シカゴ・ブルズ)も、昨季手術した左ヒザの問題(半月板損傷)の回復が思わしくなく、現地2月21日に今季いっぱいの欠場が発表となっている。


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: シャーロット・ホーネッツ

PICK UP

RELATED