月刊バスケットボール8月号

NBA

2023.02.20

「スキルズ・チャレンジ」は地元チーム・ジャズが勝利、セクストン“地元ファンに感謝を示せた”

スキルズ・チャレンジは2年連続で地元チームが優勝

現地2月18日(日本時間19日)、アメリカ・ユタ州のビビント・アリーナで行われたNBAオールスター・サタデーナイト「スキルズ・チャレンジ」は地元チーム・ジャズがチャレンジングポイント300点を獲得して勝利した。勝利後、コリン・セクストン(ジャズ)は「どれだけファンに感謝しているかを示せたよ」と喜んだ。

【動画】スキルズ・チャレンジ<フル>ハイライト映像を見る

ラウンド1「チーム対抗リレー」(障害物を避けてシュートを決める競走)では、チーム・ルークスが勝利してチャレンジポイント100点をゲットしたものの、続く「チーム・パッシング」(3つの穴にパス)では84点の「チーム・アデトクンボ」を「チーム・ジャズ」が88点で下して100点を獲得。最後の「チーム・シューティング」(5ヵ所からシュートを決めてポイント争い)では、100点を持ってた「チーム・ルークス」がなんと0点(「チーム・アデトクンボ」は8点)。「チーム・ジャズ」が13点で勝利し200点。合計得点300点として勝利した。

昨年のクリーブランド開催に続いて地元チームの勝利となったことについて、コリン・セクストン(ジャズ)は「僕らにとって大きなこと。どれだけファンに感謝しているかを示せたよ。ホームに勝利をもたらすことができた」とファンのためにも勝利できてよかったとコメント。チームメイトのジョーダン・クラークソンは「難しかったよ。ウォームアップなしだし、アリーナはいつもより寒かったしね」と地の利を活かしたものの、いつもとはコンディションが違って苦戦したと語った。


PICK UP

RELATED