月刊バスケットボール5月号

高校バスケ[ブロック新人戦結果]ウインターカップ優勝の新潟・開志国際、京都・京都精華学園は各々ブロック大会を制覇

全国7ブロックの新人戦結果を紹介(写真はウインターカップ2022より)

全国7ブロックの新人戦結果を紹介


2023年度ももうすぐ! 新年度の高校バスケの勢力図はどう変わるのか。各ブロックで行われているブロック新人戦も、九州新人(3月17日〜19日に鹿児島県で開催予定)を残すのみになった。ここですでに終了している7ブロックの新人戦結果を紹介していこう。

男子では、ウインターカップで初優勝を成し遂げた開志国際(新潟)が北信越新人を制覇。準優勝は帝京長岡(新潟)と新潟勢による決勝となった。インターハイ、ウインターカップといずれも3位になった藤枝明誠(静岡)は東海新人で優勝、同じく夏冬3位の中部大第一(愛知)は同ブロック3位となっている。また先週末に大会を終えた近畿新人では、東山(京都)が優勝を果たした。

一方、女子ではウインターカップ初優勝の京都精華学園(京都)が、4試合での平均得失点差が50.5という勝ち方で近畿新人を制覇。U18日清食品リーグ初代女王の桜花学園(愛知)は東海新人決勝で岐阜女(岐阜)を78-69で下して優勝を果たしている。

また興味深いところでは、関東新人で土浦日本大(茨城)が、北信越新人で開志国際(新潟)と2ブロックでアベック優勝を果たしている。
4月、新入生がチームに加わり、各ブロックの勢力図はどう変わっていくだろうか。九州新人の結果も含めて注目したい。


<全国7ブロックの結果&九州新人予定>

■東北新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:帝京安積(福島)
準優勝:福島東稜(福島)
3位:仙台大明成(宮城)、羽黒(山形)

[女子]
優勝:聖和学園(宮城)
準優勝:柴田学園大附柴田学園(青森)
3位:秋田中央(秋田)、仙台大明成(宮城)

■関東新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
1位:土浦日本大(茨城)、宇都宮工(栃木)
3位:日本航空(山梨)、つくば秀英(茨城)

[女子]
1位:土浦日本大(茨城)、東京成徳大(東京)
3位:昭和学院(千葉)、千葉英和(千葉)

■北信越新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:開志国際(新潟)
準優勝:帝京長岡(新潟)
3位:北陸(福井)
4位:北陸学院(石川)

[女子]
優勝:開志国際(新潟)
準優勝:津幡(石川)
3位:日本航空石川(石川)
4位:足羽(福井)

■東海新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:藤枝明誠(静岡)
準優勝:美濃加茂(岐阜)
3位:中部大第一(愛知)
4位:桜丘(愛知)

[女子]
優勝:桜花学園(愛知)
準優勝:岐阜女(岐阜)
3位:安城学園(愛知)
4位:星城(愛知)

■近畿新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:東山(京都)
準優勝:京都精華学園(京都)
3位:阪南大(大阪)、大阪学院大(大阪)

[女子]
優勝:京都精華学園(京都)
準優勝:大阪薫英女学院(大阪)
3位:大阪桐蔭(大阪)、和歌山信愛(和歌山)

■中国新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:岡山商科大附(岡山)
準優勝:豊浦(山口)
3位:宇部工(山口)、出雲北陵(島根)

[女子]
優勝:鳥取城北(鳥取)
準優勝:広島皆実(広島)
3位:誠英(山口)、明誠学院(岡山)

■四国新人
試合結果はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
[男子]
優勝:尽誠学園(香川)
準優勝:高知中央(高知)
3位:松山工(愛媛)
4位:新田(愛媛)

[女子]
優勝:聖カタリナ学園
準優勝:高知中央(高知)
3位:富岡東(徳島)
4位:英明(香川)

■九州新人
トーナメント表はコチラ▶︎[男子]・[女子] 
・3月17日〜19日に鹿児島県で開催予定
会場:ビーラインスポーツパーク姶良体育館、姶良市蒲生体育館(おおくすアリーナ)、サンアリーナせんだい、いちき串木野市総合体育館

\ウインターカップ総力特集/月バス3月号は只今販売中!

高校バスケのニュースはこちらをクリック!!



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 高校バスケ

PICK UP

RELATED