月刊バスケットボール24年3月号

NBA

2023.02.15

渡邊雄太がNo.1! NBAが日本での今季前半ジャージー売り上げTOP10を発表

ネッツはチームグッズ売り上げでも日本1位に

2月15日、NBAは2022-23シーズン前半集計での日本でのジャージー売り上げランキングを発表。その結果、プレイヤー・ジャージー部門では渡邊雄太(ネッツ)が1位になった。

【動画】渡邊が3P4本で14得点と活躍した2/9ブルズ戦ハイライトを見る

データは、NBA日本公式オンラインストア「NBAStore.jp」の2022-23シーズン前半の売上の集計結果をまとめたもの。
プレイヤー・ジャージー部門トップ10では、1位に渡邊、2位にステフィン・カリー(ウォリアーズ)、3位に八村塁(ウィザーズ時のもの、現レイカーズ)、4位にジェイソン・テイタム(セルティックス)、5位にケビン・デュラント(ネッツ時代のもの、現サンズ)、6位レブロン・ジェームズ(レイカーズ)、7位カイリー・アービング(ネッツ時代のもの、現マーベリックス)、8位ジャ・モラント(グリズリーズ)、9位ラッセル・ウエストブルック(レイカーズ時のもの、現ジャズ)、10位クリス・ポール(サンズ)となっている。発表では、渡邊は2020-21シーズン以来では初の首位となったと伝えている。

ご存じのとおり、八村は現地1月23日にレイカーズへトレードとなっている。注目度は高いだけに、シーズン後半の売り上げでは、八村の1位という可能性もありそうだ。

またNBAは、チーム・グッズ部門も発表。こちらは1位ネッツ、2位ウォリアーズ、3位レイカーズ、4位セルティックス、5位ウィザーズというトップ5となった。


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: NBA 八村塁渡邊雄太

PICK UP

RELATED