月刊バスケットボール7月号

NBA

2023.02.06

NBAカリーが左脚の故障を発表でサンダー戦欠場へ、オールスターも欠場の可能性

カリー(写真左)はライト四世(写真右)との接触で故障

接触プレイで左脚を痛めたカリー


現地2月5日(日本時間6日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズは、前日の試合で負傷退場したステフィン・カリーがMRI検査を受けて、左上脛腓靭帯と骨間膜の部分断裂および下腿部(膝〜足首の間)の打撲を確認したと発表。復帰時期については改めて発表となるが、スターターでの選出となっている現地2月19日のNBAオールスターゲームを欠場する可能性も出てきた。

【動画】ステフィン・カリーの故障シーンをチェック

ホームでのダラス・マーベリックス戦3Q残り2分1秒、カリーは左ウイングからドリブルで侵入してきたマッキンリー・ライト四世と左エルボー付近で接触。勢い余って観客席まで行くと、左脚を引きずるような状態となって、そのままベンチに下がった。

そして本日、ウォリアーズは「昨夜のダラス・マーベリックス戦で左下腿部の負傷により、3Q残り2分1秒で退場したスティーブン・カリーは、昨夜のMRI検査の結果、左上脛腓靭帯と骨間膜の部分断裂および下腿部の打撲を確認しました。明日(現地2月6日)のオクラホマシティー・サンダー戦は欠場となります。また今後の状況も明らかにする予定です」と発表している。

カリーは昨年12月中旬にもディフェンス中の接触で左肩を亜脱臼。その際は1ヵ月弱休養を取り、1月10日に復帰している。離脱期間がどの程度になるかはわからないが、平均29.4得点というエースの不在は、ウエスト8位(27勝26敗)という状況を考えると痛い。

現地2月19日にはスターターに選ばれているNBAオールスターゲームが開催されるが、欠場となってしまうのか。改めて発表となる復帰時期についてのチームの発表を待ちたい。

「ステフィン・カリー」のニュースはこちらをクリック!!

\ウインターカップ総力特集/月バス3月号は只今販売中!



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: ステフィン・カリー

PICK UP

RELATED