月刊バスケットボール8月号

中学(U15)

2023.01.08

【Jr.ウインターカップ2022-23】大阪薫英女学院中が初優勝! 舛本キャプテン「自分たちは小さかったので厳しかったけど、みんなで頑張れました」

全員バスケで大阪薫英女学院中が初優勝!

1月8日、「Jr.ウインターカップ2022-23」(2022年度 第3回全国U15バスケットボール選手権大会)女子決勝、全中ベスト4の大阪薫英女学院中(大阪)が京都精華CLUB(京都)を61-44で破って大会初優勝。オンコート・インタビューでキャプテンの#4舛本碧主は「留学生もいて、自分たちは小さかったので厳しかったんですけど、みんなで頑張れたので良かったです」と笑顔で語った。

【写真15点】大阪薫英女学院中フォトギャラリーをチェック

【表】「Jr.ウインターカップ2022-23」女子トーナメント表を紹介

【Jr.ウインターカップ2022-23】大阪薫英女学院中が初優勝! 3Pシュート7本成功で京都精華CLUBに快勝


★市川 藤乃ヘッドコーチ

――優勝おめでとうございます。
「ありがとうございます」

――頂点は、どんな気持ちですか?
「今まで支えてくれた、応援してくれた人たちに感謝の気持ちでいっぱいです」

――決勝を振り返ってください。
「夏の全国大会(全中はベスト16)で悔しい思いをしていたので、“冬は絶対全国制覇をしよう”と子どもたちと一緒に頑張ってきた結果が出たかなと思います」

――終了間際にタイムアウトを取りましたね。
「“薫英”らしく頑張ろうと声を掛けました。それを少しでも子どもたちと長く試合をしたかったので、タイムアウトを取りました」

――このチームはどんなチームだったでしょうか?
「本当にしんどい時にも、みんなで、25人で頑張ってきたので誇りに思います。本当にありがとうございました」


★#4舛本碧珠 キャプテン

――どんな気分ですか?
「うれしいです」

――試合を振り返ってください。
「留学生もいて、自分たちは小さかったので厳しかったんですけど、みんなで頑張れたので良かったです」

――このチームはどんなチームですか?
「全員で支え合って、助け合えるチームだったと思います」

――キャプテンとしてどんな言葉を言いたいですか?
「本当にありがとうございましたと言いたいです(笑)」

――今大会はどんな大会だったでしょうか?
「大きいチームや能力のあるチームと戦って、自分たちでも強くなっていったかなと思います」

――最後に集まってもらった応援団、応援している方にメッセージをお願いします。
「ありがとうございました!」

<今大会の試合結果>
1回戦/○87-49●Bloom U15(富山)
2回戦/○56-42●SEA DRAGON(岡山)
3回戦/○66-44●Sports Intersection Basketball Team(埼玉)
準々決勝/○61-43●ボンズ茨城(茨城)
準決勝/○54-47●四日市メリノール学院中(三重)
決勝/○61-44●京都精華CLUB(京都)

<大会ベスト5>
#4舛本碧珠(大阪薫英女学院中/大阪)
#5小松美羽(大阪薫英女学院中/大阪)
#9岡田沙也(大阪薫英女学院中/大阪)
#11石井日菜(京都精華CLUB/京都)
#15ンガルラ ムクナ リヤ(京都精華CLUB/京都)


「Jr.ウインターカップ2022-23」特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

PICK UP

RELATED