月刊バスケットボール8月号

中学(U15)

2023.01.07

【Jr.ウインターカップ2022-23】ライジングゼファーフクオカU15が決勝進出、京都精華学園中に逆転勝利

ライジングゼファーフクオカU15が決勝進出


1月7日、「Jr.ウインターカップ2022-23」(2022年度 第3回全国U15バスケットボール選手権大会)男子準決勝、京都精華学園中(京都)×ライジングゼファーフクオカU15(福岡)。3Q終盤、逆転するとリードを守り切ったライジングゼファーフクオカU15が53-49で勝利。初の決勝進出を決めた。

【写真45点】京都精華学園中×ライジングゼファーフクオカ U15フォトギャラリーをチェック

【表】「Jr.ウインターカップ2022-23」男子トーナメント表を紹介

「Jr.ウインターカップ2022-23」大会4日目1/7コート別試合予定(リアルタイム速報あり)

開始13秒、京都精華学園中は#8西本圭汰がドライブからレイアップを決める。ライジングゼファーフクオカU15(以下フクオカU15)は#21持丸昭人のシュートでチーム初得点。さらにフクオカU15は#16崎濱秀寿、#27進藤孝虎が得点するが、京都精華学園中#17宮本聡が連続して決めて残り5分を切ったところで6-6となる。

残り4分11秒、京都精華学園中は#3宮本耀が3Pシュート、2Pシュートと連続成功。11-6とするが、フクオカU15 #15山口銀之丞、#77冨永蓮太が決め返して1点差とする。その後、京都精華学園中は#1善山奏介、#84阿部翔温のシュートでリードを作ろうとしたが、フクオカU15は#35勝又絆、#16崎濱の得点ですぐに追いつく。互いに譲らぬ展開となり、京都精華学園中の17-16で1Qを終えた。

京都精華学園中は2Q立ち上がり、#3宮本耀、#1善山が連続して3Pシュート成功。さらに#17宮本聡、#69住友笑恵人も得点して残り5分18秒で27-16とする。
一方、フクオカU15は残り4分54秒、#35勝又が3ポイントプレイを決めると、#15山口もフリースロー1本を決めて点差を縮めた。

残り4分24秒、京都精華学園中は#17宮本聡がペイントエリアに飛び込むと、フローターを決める見事なプレイを披露。9点差に戻したが、フクオカU15は終盤、ディフェンスから良い形を作って#35勝又、#21持丸が得点。京都精華学園中の31-27でハーフタイムを迎えた。

3Q、京都精華学園中は#84阿部がショートコーナーからジャンプシュートを決めると、フクオカU15 は#16崎濱、#77冨永のフリースローを決めて追加点を奪取。2点差、4点差のラインで進んでいくが、フクオカU15は#21持丸、#35勝又のシュートで点差を縮めると、残り4分14秒に37-37と同点に。

残り2分50秒、京都精華学園中は#17宮本聡がドライブで飛び込むと、左コーナーでオープンになっていた#3宮本耀にパス。体勢を崩しながら放った3Pシュートは見事ゴールに吸い込まれて逆転を許さず。それでもフクオカU15はリバウンドからの早い展開で#27進藤が得点。さらに残り1分15秒、インバウンズプレイから#27進藤が3Pシュートを決めて42-40と逆転に成功。そのまま3Qを終えた。

4Q、フクオカU15はスティールから#35勝又が速攻で得点。さらに#23永善元希がインサイドで、#16崎濱がドライブからレイアップで得点。残り5分32秒で、48-40とする。

ここでタイムアウトを取った京都精華学園中は#17宮本聡がクイックネスを生かしてレイアップを成功。フクオカU15の攻撃を凌ぐが、シュートが決まらず。その後、フクオカU15は#27進藤、#23永善がシュートを決めて残り2分で53-44と9点にまでリードを広げる。

点差を詰めたい京都精華学園中だが、#84阿部、#22松崎大地、#17宮本聡と6本連続でシュートミス。残り51秒、#17宮本聡が3Pシュートを決めて6点差とすると、残り1.3秒、#84阿部も決めたが、追い上げもここまで。フクオカU15が53-49で勝利し、決勝に駒を進めた。明日の決勝(11時半開始予定)では、全中王者の四日市メリノール学院中学校(三重)を下した横浜ビー・コルセアーズU15(神奈川)と対戦する。

「Jr.ウインターカップ2022-23」特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)



PICK UP

RELATED