月刊バスケットボール8月号

中学(U15)

2023.01.05

【Jr.ウインターカップ2022-23】女王・四日市メリノール学院中が好発進、BREAKERZを退けて16強入り

#16伊藤千寛

連覇中の四日市メリノール学院中が16強入り


1月5日、「Jr.ウインターカップ2022-23」(2022年度 第3回全国U15バスケットボール選手権大会)、女子2回戦で同大会、全国中学生大会連覇中の四日市メリノール学院中(三重)とBREAKERZ(栃木)が対戦。選手全員を出場させた四日市メリノール学院中が72-40で勝利し、3回戦に駒を進めた。

【写真33点】四日市メリノール学院中×BREAKERZ×フォトギャラリーをチェック

【表】「Jr.ウインターカップ2022-23」女子トーナメント表を紹介

「Jr.ウインターカップ2022-23」大会2日目1/5コート別試合予定(リアルタイム速報あり)


試合開始直後、互いに好守が続いて得点が決まらず。先取点は四日市メリノール学院中、#16伊藤千寛のシュートが決める。さらに#8濱田ななののフリースロー、#7北野空のレイアップで残り6分で6-0とする。

BREAKERZは残り3分半に#2浅田佳奈美がレイアップを決めてチーム初得点を奪う。しかし、四日市メリノール学院中は#16伊藤、#5前川桃花の速攻、#15西山日葵の3Pシュートと得点を重ねていき、残り3分で15-2とリードを作る。それでも先取点で落ち着いたBREAKERZは#6阿部麦香の3Pシュート、#10小池妃奈、#11直井友佳、#2浅田が得点。点差を詰めたものの、四日市メリノール学院中の19-11で1Qを終えた。

2Q、BREAKERZは#6阿部、#13海老原想が得点。しかし、インサイドを堅く守る相手に対してあとが続かない。逆に四日市メリノール学院中は#4太田妃優、#18鈴木瑚香南、#16伊藤の2Pシュート、#7北野の3Pシュートなど得点を重ねてリードを広げる。
BREAKERZはクォーター終盤、#6阿部、#11直井友が活躍して連続得点。四日市メリノール学院中の37-23でハーフタイムを迎えた。

3Q、BREAKERZは堅い守備を切り開いて#13海老原、#11直井友が得点。一方、四日市メリノール学院中は早い展開から#7北野、#4太田が得点を重ね、残り4分40秒には47-26と21点差とする。クォーター終了間際、BREAKERZは#2浅田が3Pシュートを沈めたものの、#16伊藤、#6澁谷虹歩、#14垣内優希奈、#15西山が得点した四日市メリノール学院中が57-29として3Qを終えた。

4Q序盤はディフェンス合戦となり、得点が決まらず。残り5分41秒、四日市メリノール学院中#5前川の3Pシュートがクォーター初得点となる。BREAKERZは#30宇賀神仁瞳が難しいシュートを成功。さらに#2浅田がロング2P、#11直井友が早い展開から決めるなど、良い展開も見せたが点差を縮めるのが精いっぱい。メンバー全員出場の四日市メリノール学院中は#14垣内、#13中嶋とわ、#12丸野遥菜、#9川口真央と代わる代わる得点していき、72-40で初戦となる2回戦を勝利した。

「Jr.ウインターカップ2022-23」特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)



PICK UP

RELATED