月刊バスケットボール24年3月号

中学(U15)

2023.01.04

【Jr.ウインターカップ2022-23】神奈川・相模女大中学部が2回戦へ。鹿児島・れいめい中に快勝

試合開始から得点力を見せた相模女大中学部が勝利

1月4日、「Jr.ウインターカップ2022-23」(2022年度 第3回全国U15バスケットボール選手権大会)大会初日、女子1回戦で前回大会、今年の全国中学校大会でベスト8の相模女大中学部(神奈川)がれいめい中(鹿児島)と対戦。高い得点力を披露した相模女大中学部が80-58で勝利。2回戦に駒を進めた。

【写真21点】相模女子大学中学部×れいめい中フォトギャラリーをチェック

「Jr.ウインターカップ2022-23」大会初日コート別試合予定(リアルタイム速報あり)

【表】「Jr.ウインターカップ2022-23」女子トーナメント表を紹介

れいめい中はティップオフ直後に#4一柳侑杏が得点。対する相模女大中学部はすぐに#5杉山ひよりが決め返すと、#15竹内みやもインサイドで決め、#7オボナヤ星史留がリバウンドから3ポイントプレイ。さらに#15竹内がまたもシュートを決めて9-2と好スタートを切る。

勢いづく相模女大中学部は#5杉山の3Pシュート、#4藤原あかりのフィールドゴールなどで点差を広げて残り4分20秒で16-4とする。苦しい立ち上がりとなったれいめい中だったが、クォーター終盤に#4一柳、#11水田流菜、#12塚本莉央が連続得点。点差を詰めたが、相模女大中学部は終了間際に#5杉山が3Pシュートを成功。22-11で1Qを終えた。

追いかけるれいめい中は#7林杏がトップ・オブ・ザ・キーからジャンプシュートを決めて2Q初得点。さらに#7林、#11水田がシュートを決めていくが、相模女大中学部は#6川島才佳、#15竹内、#7オボナヤ、#5杉山、#9西原あかりが得点を重ね、点差を縮めさせない。

その後、れいめい中は#8寺山文がロング2P、相模女大中学部#15竹内が3Pシュートで得点。外からの得点力も見せる。そしてクォーター終盤、れいめい中は#4一柳、#8寺山の得点で点差を詰めたが、終了間際に#15竹内がトップから3Pシュートを決めた相模女大中学部が42-29としてハーフタイムを迎えた。

3Q、れいめい中は#8寺山、#12塚本、#11水田、#14新山あかりが得点。点差を詰めようとするが、相模女大中学部は#6川島、#15竹内、#5杉山とシュートを決めて逆手にリードを広げる。そして残り1分半、13佐野葵のシュートで58-38と20点差に。そのままリードを保って63-41で3Qを終えた。

4Q、れいめい中は開始から好ディフェンスを展開。#7林、#4藤原の得点につなげ、さらに相模女大中学部にプレッシャーをかけて見せ場を作る。しかし、相模女大中学部は早い展開から#17成田莉子、#5杉山がシュートを決めてさらにリードを伸ばしていく。

その後もれいめい中は#7林、#4一柳がオフェンスを引っ張り、#13佐野葵もフリースローを決めるなど最後まで全力プレイを見せたが、相模女大中学部が80-58で勝利した。

「Jr.ウインターカップ2022-23」特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED