月刊バスケットボール11月号

【ウインターカップ2022】開志国際が初優勝! 介川「ここまで練習してきて、信じ続けてここまで来て最高です」

総体決勝のリベンジを果たして大会初優勝を果たした開志国際

12月29日、「SoftBank ウインターカップ2022(令和4年度 第75回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」男子決勝、インターハイ準優勝の開志国際(新潟[1])がリベンジを果たして福岡第一(福岡[1])に88-71で勝利。悲願の初優勝を果たした。試合後のオンコート・インタビューで30得点と活躍した#7介川アンソニー翔は「インターハイ2位で本当に悔しい思いをして、ここまで練習してきて、信じ続けてここまで来て最高です」と喜びを語った。

【動画】初優勝!開志国際の胴上げシーンをチェック

【写真19点】福岡第一×開志国際フォトギャラリーをチェック

「ウインターカップ2022」男子トーナメント表を紹介


以下がオンコートインタビューである。

★富樫英樹コーチ

――優勝おめでとうございます
「ありがとうございます。ウインターカップで勝てなくて悔しかったんですけど、本当に子供たちのおかげで勝たせてもらいました。皆さん、ありがとうございました。

――夏のインターハイは悔しい思いをした。今日、どんな気持ちでこの決勝を迎えられましたか。
「インターハイでは本当に悔しい負けをしたので、それ以来、最後ウインターカップの決勝で、願わくば福岡第一さんとやりたいとやってきて、それが実現となりました。子供たちはこの日のために、半年間やってきましたので、福岡第一さんに恩返しのつもりで勝とうということをできたことを本当にうれしく思います。ありがとうございます」

――最後、コートに選手が向かう時、どんな言葉をかけましたか?
「もう最後は気持ちだと、昨日からずっと言っていました、3年生の最後の戦いだと。3年生の思いでチームが勝っていくと思っているので、そればかりでした。技術的にはディフェンスに尽きます」

――開志国際らしい、楽しいバスケでした。
「私のチーム(カラー)は赤なので、やっぱり明るく元気よく、そしてみんなが楽しくということで、その中にもコートに立ったら厳しさが出てくるというチームでいたいと思っているので、この舞台に立たせてもらった関係者の皆さんには本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました」

――日本一の景色を見せてくれた3年生にどういう言葉をかけたいですか?
「3年生はインターハイが終わっても、くじけずに全員が練習に今まで以上に素晴しい形で取り組んでくれていました。その姿を見て、“よし、これは勝たせないとダメだ”と。3年生の思いがここまで来させたんだと思います。それに1、2年生も乗っかったという感じです。本当に選手の皆さん、支えてくれた保護者の皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました」


★#7介川アンソニー翔
[決勝スタッツ]30得点、8リバウンド、4アシスト

――ついに優勝しましたね。
「最高です。チームのみんなが頑張ってくれました。インターハイ2位で本当に悔しい思いをして、ここまで練習してきて、信じ続けてここまで来て最高です」

――どんな思いで今日は戦いましたか?
「最初から『我慢、我慢』とチームみんなで声を掛け合って、絶対優勝するぞという気持ちで本気で最初からぶつかりました」

――開志国際のバスケはどんなバスケでしょうか?
「開志国際のバスケは、とても楽しいバスケです!」


★#5武藤俊太朗 キャプテン
[決勝スタッツ]20得点、11リバウンド

――夏の悔しさのあとから、目指してきたウインターカップでの優勝、どんなお気持ちですか?
「インターハイで悔しい負け方をして、そこからチームみんなで頑張ってきて、今日リベンジができて良かったです」

――1、2年生の活躍も素晴らしかったですね。
「インターハイから1、2年生の成長はとても大きくて、その中でも3年生が1、2年生をサポートしながら今までやってきました」

――決勝をプレイしていて特別な気持ちはありましたか?
「やっぱり開志国際では練習だったり、試合は楽しく最後までやれています」

――今、仲間にどんな言葉をかけたいですか?
「1年間、自分はキャプテンとしてやらせてもらっていて、ふがいないキャプテンだったんですけど、最後までサポートしてくれてありがとうと言いたいです」


<優勝までの軌跡>
2回戦/82-65仙台大明成(宮城[1])
3回戦/117-55前橋育英(群馬)
準々決勝/91-57東海大付諏訪(長野)
準決勝/78-76藤枝明誠(静岡)
決勝/88-71福岡第一(福岡[1])

[ベスト5]
#5武藤俊太朗/開志国際(新潟[1])
#7介川アンソニー翔/開志国際(新潟[1])
#15バシール ファイサル モハメッド/開志国際(新潟[1])
#8轟琉維/福岡第一(福岡[1])
#29城戸賢心/福岡第一(福岡[1])


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)


『ウインターカップ2022』特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

\現在発売中/『月刊バスケットボール』2月号は<ウインターカップ大特集>





写真=月刊バスケットボール

タグ: ウインターカップ 高校バスケウインターカップ2022

PICK UP

RELATED