月刊バスケットボール7月号

<速報>【ウインターカップ2022】京都精華学園が悲願の初優勝、インターハイとの2冠達成!!

京都精華学園がウインターカップ初優勝


12月28日、「SoftBank ウインターカップ2022(令和4年度 第75回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」大会6日目女子決勝、前回準優勝でインターハイでは日本一となっている京都精華学園(京都[1])と札幌山の手(北海道[1])が対戦。3Q、札幌山の手が良い攻めを見せたが、終始リードを保った京都精華学園が99-81で勝利。ウインターカップ初優勝を果たし、インターハイと合わせて2冠を達成した。
【写真25点】京都精華学園×札幌山の手フォトギャラリーをチェック

『ウインターカップ2022』特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

「ウインターカップ2022」女子トーナメント表を紹介

まず先取点を奪ったのは京都精華学園。#5柴田柑菜がトップから3Pシュートを決める。対する札幌山の手はエースの#4森岡ほのかがチーム初得点。続けてレイアップを決める。その後、京都精華学園のエース、#4イゾジェ ウチェがゴール下から得点すると#5柴田、#12八木悠香、#13堀内桜花が追加点を奪って残り6分13秒で11-4とする。

タイムアウトを取った札幌山の手は、#10岡井がミドルポストから得点するが、京都精華学園は#12八木、#18桃井優がドライブから得点。さらに残り4分42秒、#4ウチェがリバウンドから入れて17-6と2桁に差を広げる。札幌山の手は武器の3Pシュートを放つが入らず。京都精華学園は1年生#18桃井が3Pシュートを入れて残り4分を残して20点差とする。

残り3分39秒、札幌山の手は#4森岡ほのかがチーム初の3Pシュートを成功。その後、#6野原一華、#14谷口憂花も3Pシュートを決めて19-28と一桁差に。しかし、#4ウチェ、#5柴田、#18桃井、#12八木が着実にシュートを重ねた京都精華学園が、36-22とリードして1Qを終えた。

2Q、札幌山の手は#14谷口のフリースローでまず得点。しかし、リバウンドで分が悪い。京都精華学園は#5柴田の3Pシュート、#4ウチェのシュートで点差を広げると、残り7分49秒、#5柴田の3Pシュートで46-24と22点に差を広げる。

残り6分41秒、札幌山の手はパスを回していき、#4森岡が得点。すると#14谷口、#4森岡の3Pシュートと良い形が続いて残り5分13秒で33-53とする。ここでタイムアウトを取った京都精華学園は#4ウチェが得点。連続失点を止めると、#12八木も続いて再びリードを広げる。それでも札幌山の手は#14谷口、#4森岡が得点。クォーター終盤、いい形から#16大山瑚南菜が得点したが、京都精華学園は#4ウチェ、#12八木の得点で65-41としてハーフタイムを迎えた

3Q、札幌山の手はパスを回して#16大山が良い形で得点。ディフェンス強度をアップ。ターンオーバーを引き出すと、前半19得点の#4森岡が追加点を奪う。しかし、相手の流れの芽を京都精華学園#12八木がことごとく摘んでいく。

残り4分49秒、札幌山の手は#4森岡が右ウイングから3Pシュートを成功。さらに#16大山も3Pシュート、スティールから#13新田杏樹の3ポイントプレイと続けて残り2分20秒で60-76と点差を縮める。京都精華学園は終盤、#4ウチェが連続得点。再び差を広げるが、札幌山の手は#13新田、#16大山と得点。京都精華学園の80-64で3Qを終えた。

3Qに続いて良い流れを作りたい札幌山の手だが、残り6分の#4森岡のシュートまで得点できず。その間に京都精華学園は#4ウチェ、#5柴田が追加点。91-66までリードを広げる。

苦しいオフェンスが続くが、札幌山の手は自分たちのスタイルを貫いてパス回してシュートにつなげる。ディフェンスも集中してプレイし、トランジションから#16大山、#14谷口が得点。さらにクォーター終盤、#16大山が3ポイントプレイ、#4森岡が連続3Pシュートと見せ場を作る。しかし、点差を縮めるのが精一杯。試合開始から最後まで攻防にバランスが取れたゲームを展開した京都精華学園が99-81で勝利。悲願のウインターカップ初優勝を果たし、夏のインターハイと合わせて2冠を達成した。

\現在発売中/『月刊バスケットボール』2月号は<ウインターカップ大特集>


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

写真=月刊バスケットボール

タグ: ウインターカップ 高校バスケウインターカップ2022

PICK UP

RELATED