月刊バスケットボール8月号

【ウインターカップ2022】藤枝明誠が準決勝進出、猛追する前回王者・福岡大附大濠を下す

藤枝明誠 9年ぶり2回目の準決勝進出

12月27日、「SoftBank ウインターカップ2022(令和4年度 第75回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」大会5日目男子準々決勝、前回優勝の福岡大附大濠(福岡[2])とインターハイ3位の藤枝明誠(静岡)が対戦。点差以上に緊迫感ある試合となったが、藤枝明誠が最後までリードを保ち、77-64で勝利。9年ぶり2回目の準決勝進出を決めた。

【写真30点】藤枝明誠×福岡大附大濠×フォトギャラリーをチェック

『ウインターカップ2022』特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

「ウインターカップ2022」男子トーナメント表を紹介

先取点は藤枝明誠。#12赤間賢人がハイポストからジャンプシュートを決める。対する福岡大附大濠はキャプテン#13湧川颯斗のフリースローで初得点を奪取。その後、藤枝明誠は、#23霜越洸太朗がロング2P、#12赤間が3Pシュートを決めると、福岡大附大濠は#15副島成翔、#14川島悠翔が得点。残り7分で藤枝明誠の7-5とする。

藤枝明誠はさらに#12赤間、#23霜越の連続得点。そして#5上野幸太の3Pシュートで残り5分21秒で15-5と2桁差を付ける。ここでタイムアウトを取った福岡大附大濠は#14川島がゴール下で得点。すぐに#5上野、#12赤間のシュートで藤枝明誠が得点し返すが、福岡大附大濠は#5芦田真人が3Pシュート、#13湧川颯がバスケットカウント、2Pシュートと頑張り、残り2分15秒で14-19とする。その後、藤枝明誠は#5上野が、福岡大附大濠は#7広瀬洸生、#14川島が得点。藤枝明誠の21-17で1Qを終えた。

2Q藤枝明誠は#12赤間、#23霜越、#10櫻井一気が連続得点。対する福岡大附大濠は#4鍋田憲伸、#14川島が3Pシュートを成功。点差を縮めると好守から#15副島が連続得点、#4鍋田のシュートで31-34と3点差まで迫る。約3分間、得点が奪えていなかった藤枝明誠は残り2分47秒、#23霜越が技ありフローターを成功。さらに#12赤間が3ポイントプレイを決めて39-31とする。しかし、福岡大附大濠は#7広瀬、#15副島も決めて4点差に。それでも藤枝明誠の集中力は途切れない。残り26秒に#5上野が3Pシュートを決めると、直後に#23霜越も得点。44-35としてハーフタイムを迎えた。

3Q開始約1分半得点が動かず。先にきめたのは藤枝明誠#12赤間。トップからドライブするとバスカットカウント。さらにオフェンス・リバウンドから#99ボヌ ロードプリンス チノンソが得点。残り8分半で48-35とする。差を詰めたい福岡大附大濠は#5芦田の3Pシュートで10点差にする。直後に得点されるが#13湧川颯が活躍。残り6分で8点差とする。

しかし、これ以上が縮まらない。残り5分23秒、藤枝明誠#99チノンソがリバウンドからバスケットカウント。さらに#71和太駿治、#12赤間が決めて残り4分34秒で56-42と再び2桁差にする。たまらずタイムアウトを取った福岡大附大濠は、早い展開から#15副島が得点。さらに#5芦田が3Pシュートを決めて9点差にする。

残り1分13秒、福岡大附大濠#14川島がフリースロー1本を決めて58-50。さらに#5芦田がバンクショットを決めて6点差に。藤枝明誠の58-52、福岡大附大濠が追い上げて3Qを終えた。

4Q、まず藤枝明誠#12赤間がフリースローを成功。8点差にすると、直後にまたも#12赤間がドライブからフィンガーロールで得点。さらに#10櫻井が決めて残り7分37秒で64-52とする。福岡大附大濠は4Qに入ってから7本連続でシュートが入らなかったが、残り6分31秒に#7広瀬がついに得点。その後、#13湧川颯がフリースローを1本決めて9点差とする。

藤枝明誠はこのあと#99チノンソが活躍。残り4分32秒にフリースロー1本を決めて10点差にすると、残り3分46秒にバスケットカウント。フリースローも決めて68-55とする。しかし、その直後、福岡大附大濠#14川島がゴールにアタックすると、#99チノンソが4ファウルに。福岡大附大濠#14川島がこのフリースロー2本を決めると、直後にフルコートプレスをかけてスティール。ここで#5芦田が3Pシュートを決めて8点差にする。

その後、藤枝明誠は#14谷俊太朗がフリースローを成功。10点差とすると残り2分26秒、#99チノンソが#7広瀬のシュートをブロック。すると残り1分40秒、藤枝明誠は#5上野が3Pシュートを決めて74-62と12点差にする。残り1分、福岡大附大濠はスティールから#7広瀬がレイアップをするが、リングに弾かれる。直後に藤枝明誠#23霜越が得点。これで万事休す。藤枝明誠が緊迫感ある試合を77-64で勝利。9年ぶり2回目の準決勝進出を決めた。明日の準決勝では、自慢の得点力が生き、東海大付諏訪(長野)を下した開志国際(新潟[1])と対戦する。


\現在発売中/『月刊バスケットボール』2月号は<ウインターカップ大特集>


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

写真=月刊バスケットボール

タグ: ウインターカップ 高校バスケウインターカップ2022

PICK UP

RELATED