月刊バスケットボール7月号

【ウインターカップ2022】札幌山の手、決勝進出! 成功13本と3Pシュート攻勢で岐阜女を下す

札幌山の手15スティールと攻守で充実のプレイ

12月27日、「SoftBank ウインターカップ2022(令和4年度 第75回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」大会5日目女子準決勝、札幌山の手(北海道[1])と岐阜女(岐阜)が対戦。3Pシュート(13本成功)を武器に得点を重ねた札幌山の手が終始リードを保って98-68。11年ぶり3度目の決勝進出を決めた。

【写真25点】札幌山の手×岐阜女フォトギャラリーをチェック

『ウインターカップ2022』特設ページ(日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

「ウインターカップ2022」女子トーナメント表を紹介

札幌山の手は、まず#14谷口憂花の3Pシュートで先取点。岐阜女は直後に#5浅野由衣がゴール下で得点するが、札幌山の手は#10岡井遥香の3Pシュート、#6野原一華の速攻で残り8分半で8-2とする。その後、岐阜女は#8ジュフ ハディジャトゥがインサイドで得点。さらに#6絈野夏海も3Pシュートを決めるものの、札幌山の手はエース#4森岡ほのかのシュート、#14谷口の3Pシュートをすぐに決める。その後、#10岡井の連続得点、#4森岡の3Pシュートで20-9と2桁差に広げる。

タイムアウト明け、岐阜女は流れを掴み、#5浅野、#6絈野、#7平山真穂が良い形でシュートを決めて点差を詰める。しかし、残り10秒、札幌山の手は#10岡井が3Pシュートを沈めて27-17で1Qを終えた。このクォーター、札幌山の手は3Pシュートを11本中5本成功させている。

2Q、早めに追いつきたい岐阜女は好守を続けると、#7平山、#8ハディジャトゥと得点。21-28と7点差まで詰める。シュートミスが続いた札幌山の手は#10岡井が2Q初得点を奪うと、#6野原が3Pシュートを成功。残り6分を切ったところで33-23と再び2桁差に広げる。

その後も札幌山の手は、#16大山瑚南菜のアシストで#7寺岡海が得点、その#16大山が左コーナーから3Pシュートを成功。残り4分で38-23と15点にリードを広げる。クォーター終盤、岐阜女は良いディフェンスを見せると#6絈野がフリースローを決め、#10林琴美がトランジションから3Pシュートを決めて10点差とする。
クォーター終了間際、札幌山の手は#10岡井が3Pシュート。43-30としてハーフタイムを迎えた。

3Qファーストプレイ、岐阜女は前半4得点に抑えられた#8ハディジャトゥがまず3ポイントプレイ。その後もインサイドで決めたが、札幌山の手は#4森岡が1本、#6野原が2本連続で3Pシュート。さらに#14谷口が速攻を決めてリードを広げる。

タイムアウト後、3Pシュートを放っていく岐阜女だがリングに弾かれる。残り6分15秒、札幌山の手は#7寺岡のレイアップで56-35と20点差に。残り5分20秒、岐阜女は#8ハディジャトゥがトップから3Pシュート、さらにインサイドで得点。ディフェンスでも頑張りを見せてチームメイトを鼓舞する。これに応えて#6絈野のフリースロー、#10林の3Pシュートと追加点を奪って点差を縮める。札幌山の手はシュートが落ち始めるが、ディフェンスで頑張って簡単にシュートを決めさせない。岐阜女は終盤、#7平山が得点したが、札幌山の手の69-51で3Qを終えた。

4Q序盤、岐阜女は#7平山、#6絈野、#8ハディジャトゥが得点。しかし札幌山の手はすかさず#14谷口、#6野原、#4森岡がシュートを決めて点差を縮めさせない。

点差が離れても集中力を保ってプレイする岐阜女は残り5分32秒、#6絈野が3ポイントプレイ。直後からスモールラインナップにして、ディフェンスのプレッシャーを上げると#7平山が得点。良い局面も作るが、札幌山の手の勢いは衰えない。岐阜女は最後まで走り、プレッシャーをかけつづけ、#9川﨑楓佳、#5浅野、#4辻りおが得点をあげたものの、札幌山の手が98-68で勝利。11年ぶり3度目の決勝進出を決めた。明日の決勝では、準決勝で東海大付福岡(福岡[1])を下した京都精華学園と対戦する。


\現在発売中/『月刊バスケットボール』2月号は<ウインターカップ大特集>


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

写真=月刊バスケットボール

タグ: ウインターカップ 高校バスケウインターカップ2022

PICK UP

RELATED