月刊バスケットボール5月号

Bリーグ

2022.12.24

小川麻斗(日本体育大3年)が千葉ジェッツとプロ契約

日本体育大3年のポイントガード、小川麻斗がプロ契約選手として千葉ジェッツふなばしに加入することが明らかになった。小川は大学に引き続き在籍し、バスケットボール部を退部して千葉ジェッツでの活動に専念する。


小川はこれまでに特別指定選手として、2020-21シーズンにB2のライジングゼファー福岡(8試合、平均5.5得点、1.3リバウンド、1.3アシスト)、2021-22シーズンにはB1のサンロッカーズ渋谷(3試合、平均3.3得点、0.3リバウンド)でプレーした経験を持っている。

2021-22シーズンのサンロッカーズ渋谷vs横浜ビー・コルセアーズより(写真/©B.LEAGUE)

今年度はオータムカップでアシスト王に輝き、関東8位で出場したインカレでは平均14.5得点、7.5リバウンド、4.0アシストのアベレージを残す活躍でチームのベスト16入りの力になった。

☆小川麻斗(Asato Ogawa

#3 176cm / 76kg PG

2001 8 23 日生まれ(福岡県出身)

経 歴:福岡第一高等学校→日本体育大学(在学中)→千葉ジェッツ(プロ契約)

代表歴: U22日本代表候補

2022 3×3 U21 日本代表
<コメント>

今シーズンから千葉ジェッツでプレーさせていただくことになりました小川麻斗です。

まずはこのような機会を与えてくださった千葉ジェッツの関係者の皆さま、後押ししてくれた日本体育大学の藤田監督を始めチームメイトの皆さん、そして家族に感謝しています。感謝の気持ちを忘れず、ルーキーらしくアグレッシブに頑張ります。応炎よろしくお願いします。

文/柴田 健

(月刊バスケットボール)



PICK UP