月刊バスケットボール7月号

NBA

2022.11.17

観客の足に乗ってまたも左足首をねんざ。オールスター選手ボールが、不運なケガでコートをあとに

【復帰3戦目だったボールがまたも左足首をねんざ】

 

現地11月16日(日本時間17日)、シャーロット・ホーネッツはホームで、インディアナ・ペイサーズと対戦。その4Q終盤、オールスターガードのラメロ・ボール(ホーネッツ)が観客の足を踏んで左足首をねんざしてしまうというトラブルが起きてコートをあとにすることになった。

 

【動画】ボールが勢い余って観客の足に乗ってしまった問題のシーンがこちら

 

問題のシーンが起きたのは4Q残り2分を切ったところ。スティールしようとしたボールが手を伸ばして何とかパスを触ったが、キャッチはできず。勢い余ってサイドラインを越えてしまうと、痛めていた左足で最前列の観客の足を踏んでしまって苦悶。そのまま、スタッフの肩を借りてコートをあとにした。

 

昨季、キャリア初のオールスター・ゲーム出場を果たしているボールは、プレシーズンゲームで左足首をねんざし、レギュラーシーズン開幕から13試合欠場。現地11月12日のマイアミ・ヒート戦で復帰し、この日が今季初のホームゲームだったが、不運なケガを負ってしまった。

 

試合後、「彼の今夜は素晴らしかった」と語ったホーネッツのスティーブ・クリフォードヘッドコーチだったが、ボールの足首の状態については状況がわからないと語った。

 

ボールはこの試合、フィールドゴール17本中10本成功、3Pシュートは8本中5本成功し、26得点、6アシスト、2スティールと活躍。しかしチームは、113-125で敗れている。

 

これで4勝12敗、イースト14位と下位に沈むチームにとって、ボールの復帰は大きなプラス材料だったのだが。早期復帰を祈りたい。

 

文/広瀬俊夫(月バス.com)

 



PICK UP