月刊バスケットボール8月号

NBA

2022.11.12

出場停止処分のアービングに対して、ネッツオーナーが“進展あり”とツイート

 

【選手会も会員に対して“まもなく解決される見込み”とメール】

 

11月12日、反ユダヤ主義の映画をSNSに投稿したことがきっかけとなり、出場停止処分を受けているカイリー・アービングについてブルックリン・ネッツのジョー・ツァイオーナーは、進展があったとツイートしたとNBAオフィシャルサイトが伝えた。

 

【動画】アービングがかつて練習中に見せた驚異的なバランス感覚映像をチェック

 

ツァイオーナーは「昨日、クララ(オーナー夫人でバイス・チェアマン)と私は、カイリーと彼の家族に会い、お互いを理解する充実した時間を過ごしました。カイリーがユダヤ人や他のグループに対する憎しみを持っていないことは明らかです」「ネッツとカイリーは、NBA 、NBPA(選手会)と共に許し、癒し、教育のプロセスに向けて建設的に取り組んでいます」とツイートし、復帰に向けて進展していると明かした。

 

 

 

 

またESPNはNBPAが現地金曜日に会員に対して、アービングの状況についてメールしたと報道。そこには「我々は、カイリー選手の権利、そして将来のすべての選手の権利が、あらゆる場面で保護されていることを確認し続け、すべての当事者が問題について満足できる解決策を見出すことを非常に楽しみにしています」と事態がまもなく解決される見込みであるという内容が書かれていたという。

 

アービングの問題は先月末に、反ユダヤ主義の映画をSNSに掲載したことが発端。多くの批判を受けると、アービングは「反ユダヤ主義者というレッテルは真実ではない」とツイートで反応した。一連の騒動を受けてネッツは2日にアービングとチームそれぞれが、人権侵害と戦う組織に対して50万ドル(約7,360万円)を寄付し、今後も協力していく予定など発表。さらにアービングの“責任を取ります”という言葉も紹介したが、翌日のメディアセッションでアービングは、反ユダヤ的信念を持っていないと拒否し、映画に憎悪的な内容があるとも認めず。この態度を受けてネッツが追加の声明を発表。「彼は現在チームに関わるのはふさわしくないと判断し、有害な影響に対して改善する策が満足に講じられるまで無給とし、最低5試合の出場停止処分を科すことにする」としていた。アービングは現地12日のロサンゼルス・クリッパーズで5試合連続欠場となる。

文/広瀬俊夫(月バス.com)

 



PICK UP