月刊バスケットボール8月号

NBA

2022.11.11

ナイキがNBAの「シティーエディション・ユニフォーム」コレクションを発表

 

【色鮮やかな29種類のジャージーを発表】

 

現地11月10日(日本時間10日)、NBAのユニフォームを作るナイキは、29チームの「シティーエディション・ユニフォーム」を発表した。同コレクションは、チーム、都市、そして世界中のNBAファンと共通の絆の背後にあるユニークな歴史と文化を紹介すべくデザインされたものである。

 

【写真29点】「シティーエディション・ユニフォーム」のデザインをチェック

 

「ファンにとっては、毎年、自分たちが応援するチームがどんな試合をしたかを見て驚き、喜ぶ瞬間を非常に魅力的なものと捉えています。今年は、コート、コミュニティ、文化の絆を尊重し、それらをシティーエディションの柱としました」と説明しているのは担当プロダクトディレクターであるジェシー・アルバレス氏。今回のコレクションを作る企画は、2020年7月からスタートするなど、時間をかけて作られたものだという。

 

各フランチャイズの文化などからインスピレーションを得ているとあって、八村塁のいるワシントン・ウィザーズは、街の象徴である桜をオマージュしたもの、渡邊雄太がいるブルックリン・ネッツのユニフォームは、地元出身のアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアの代表作からインスピレーションを得たレタリングとデザインを採用など、チームごとにかなり特徴的なデザインとなっている。

 

文/広瀬俊夫(月バス.com)

 



PICK UP