月刊バスケットボール5月号

NBA

2022.10.15

渡邊雄太4試合連続3Pショット成功で勝利に貢献 - チームトップの成功率50.0%でプレシーズンの日程を終える

 日本時間10月15日(北米時間14日)に、渡邊雄太が所属するブルックリン・ネッツが2022-23シーズン開幕前の最後の実戦となるミネソタ・ティンバーウルブズとの一戦に臨んだ。アウェイでのこの試合に112-102で勝利したネッツは、通算成績2勝2敗でプレシーズンを終えることとなった。


渡邊はこの試合で11分45秒出場し、3Pショットとフリースローを1本ずつ成功させての4得点に加えて4リバウンドを記録した。オフェンス面の武器としたい3Pショットは最終的にプレシーズンの4試合すべてで最低1本以上決め、通算では10本中5本成功の成功率50.0%と高確率を残している。これはチームとして31.0%という成功率(126本中39本成功)のネッツにあってトップの確率。成功数としてもカイリー・アービングの9本、ケビン・デュラントとロイス・オニールの7本に次ぐ3位の数字だ。

 

 

 

 プレシーズンのアベレージは、平均14分56秒の出場時間で5・8得点、3.0リバウンド、0.5アシスト、0.3スティール、0.5ブロック。3Pショットの安定感とスマートでタフなディフェンスの能力がコート上で表現されており、ロールプレーヤーとしての現地のメディア関係者からの評価も高まっているようだ。現時点ではトレーニングキャンプでオーディションを受けている立場で、レギュラシーズンにもネッツでプレーできるかどうかは不確定だが、プレシーズン最終戦は契約を勝ち取れる期待を十分持てる締めくくりだったと言えるだろう。

 

 NBAの今シーズンの開幕ロスター発表は、シーズン開幕前日(ネッツの開幕初戦の2日前)の日本時間10月18日午前6時(北米時間17日午後5時)。あとは結果を待つばかりとなった。

 

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)



PICK UP