月刊バスケットボール8月号

MORE

2022.09.30

FIBA女子ワールドカップ2022は王者アメリカ、開催国オーストラリア、カナダ、中国が4強に

 FIBA女子ワールドカップ2022は9月29日に決勝トーナメント初日を迎え、準々決勝4試合が行われた。ディフェンディング・チャンピオンのアメリカはセルビアを88-55で撃破。カナダは決勝トーナメント初進出をかなえたプエルトルコを79-60の19点差で退けた。

 

 東アジアから唯一決勝トーナメント進出を果たした中国は、東京2020オリンピックでの銅メダル獲得以降今一つ安定感を欠いた戦いを続けているフランスを85-71で倒した。準々決勝の4試合の中では、FIBA世界ランキング7位の中国が同6位のフランスを破ったこの試合だけがアップセット。最終戦では開催国オーストラリアがベルギーに対し86-69で快勝を収めている。

 


(©FIBA.WWC2022)

 

☆準々決勝の試合結果
アメリカ 88(25 25 16 22)
セルビア 55(23 10 07 15)


セルビアを33点差で破ったアメリカで17得点を挙げトップスコアラーとなったケルシー・プラムのワンハンド・ジャンプショット(写真/©FIBA.WWC2022)


プエルトリコ 60(11 12 19 18)
カナダ 79(26 18 16 19)


フェイドアウェイからのワンハンドショットを放つカナダのブリジット・カールトン。軽やかなプレーでこの日15 得点を記録した(写真/©FIBA.WWC2022)

 


中国 85(25 25 16 19)
フランス 71(25 14 19 13)


左手のフックショットを放つ中国のリー メンはこの試合では23得点。大会を通じても平均16.0得点が全プレーヤー中4位タイだ(写真/©FIBA.WWC2022)


ベルギー 69(16 21 11 21)
オーストラリア 86(26 26 20 14)


今大会で衝撃的な現役復帰を果たしたオーストラリアのローレン・ジャクソンは195cmのセンターだが、今大会では3P成功率41.2%を記録しており、往年のプレースタイルとは異なる貢献ぶりだ(写真/©FIBA.WWC2022)


大会は30日に準決勝、10月1日(土)に決勝へと進んでいく。準決勝の組み合わせは以下のとおりだ。


カナダvsアメリカ
オーストラリアvs中国


(月刊バスケットボール)



PICK UP