月刊バスケットボール12月号

3x3

2022.08.31

Red Bull Half Court Japan Final、男子はBEEFMAN、女子はG FLOWが世界の舞台へ

 世界規模の3x3ストリートボールイベントRed Bull Half Court Japanの日本代表決定戦となるFinalが、8月28日に横浜赤レンガ倉庫で開催された。日本では初の女子部門が開催された今年のJapan Finalには、男子が全国7地区、女子は3地区の予選とLast Chance Qualifier(以下LCQ)を勝ち抜いた12チーム(男子8チーム、女子4チーム)が出場。のべ2,500人が観戦する中、男子はBEEFMAN、女子はG FLOWと共に横浜市に拠点を持つチームが優勝し、9月30日(金)から10月1日(土)にかけてカイロ(エジプト)で開催予定のRed Bull Half Court World Finalへの出場権を獲得した。

 

決勝を戦う BEEFMAN とトライフープ岡山(写真/©Suguru Saito / Red Bull Content Pool)

 


こちらは
決勝戦G FLOWとOWLSの熱戦より(写真/© Jason Halayko / Red Bull Content Pool)


女子初代優勝チームとなったG FLOWの矢上若菜(やがみわなか)は「こんなに良いロケーションでこの様に大勢の人々の前で良いプレーを見せられたので嬉しいです。World Final では雰囲気良い明るいチームという強みを生かして戦います」とコメントした。

 

女子優勝 G FLOW(写真/©Suguru Saito / Red Bull Content Pool)

 

 一方男子で優勝したBEEFMAN の野呂竜比人(のろたつひと)は「弊社はランドマークタワーにあり、ここは僕たちのホームコートなので、みんなの前で勝ち切れたことがすごく嬉しいです。3x3 は何が起こるか分からないです。準決勝のオーバータイムでミスしたのですが、皆がカバーしてくれたことでチーム力が更に上がったと感じましたし、その流れで優勝できたのだと思います。World Final でも結果を残せるように皆で頑張ります」と世界の舞台に飛び立つ抱負を語った。

 

男子優勝のBEEFMAN(写真/© Jason Halayko / Red Bull Content Pool)

 


☆Red Bull Half Court 2022 Japan Final
開催期日: 8月28日(日)
会 場: 横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市中区新港 1-1)
主 催: レッドブル・ジャパン株式会社
後 援: 横浜市
スポンサー SPALDING, MCDAVID, AKTR
公式サイト


横浜エクセレンス(B3)の佐藤誠人も豪快なダンクでファンを魅了した(写真/©Jason Halayko / Red Bull Content Pool)


☆試合結果
男子
準々決勝
HIU ZEROCKETS(宮城) 12-18 BEEFMAN(神奈川)
MINAKAMI TOWN(愛知) 21-10 ZONE(福岡)
トライフープ岡山(岡山) 18-14 BRUTE(兵庫)
BEEFMAN NEXT(東京) 21-16 SAKURA(LCQ 勝者)
準決勝
BEEFMAN 15-13 MINAKAMI TOWN
トライフープ岡山 21-16 BEEFMAN NEXT
決勝
BEEFMAN 21-13 トライフープ岡山


女子
準決勝
XD(福岡) 10-13 OWLS(LCQ 勝者)/G FLOW(東京) 16-13 TOKYOBB(兵庫)
決勝 G FLOW 21- 10 OWLS


(月刊バスケットボール)



PICK UP