月刊バスケットボール7月号

MORE

2022.08.19

町田瑠唯WNBAプレーオフデビューは2得点 - ミスティックスは終盤逆転で黒星

 日本時間8月19日(北米時間18日)にシアトルのクライメイト・プレッジ・アリーナでWNBAプレーオフ1回戦、シアトル・ストーム対ワシントン・ミスティックス戦が行われ、町田瑠唯がミスティックスの一員としてWNBAでのプレーオフデビューを果たした。大接戦となったこの試合は、第4シードでホームチームのストームが第4Q残り1分を切ってからジュエル・ロイドの逆転ランニング・ジャンパーで82-81とした後、さらにロイドとブリアナ・スチュワートのフリースローで加点し、86-83で勝利した。


町田は8,917人の大観衆が会場を埋めたこの試合で、フィールドゴール1本を成功させて2得点を記録した。出場時間は4分22秒と短かったが、16-18と2点を追う第1Q残り1分を切ってからの攻防で見せ場を作り、クォーターの残り2秒に18-18と追いつく価値ある同点弾を決めている。

 

 

 この場面はディフェンスからの良い流れ。マッチアップしたブライアン・ジャニュアリーへの厳しいプレッシャーでトラベリングのターンオーバーを誘った町田は、返しのオフェンスで左ウイングのミドルレンジから、間近までコンテストされた状態でのプルアップ・ジャンパーを沈めた。

 


WNBAプレーオフ1回戦は2戦先勝の3試合シリーズ。第5シードでアウェイのミスティックスは、日本時間22日(北米時間21日)の第2戦に勝たない限りシリーズ敗退となる。


(月刊バスケットボール)



PICK UP