月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/08/30

【月バス.com連載企画/第5回】知ってる? バスケットボール最高峰リーグNBAのアレコレ

 8月より月バス.com限定で配信をスタートした「知ってる? NBAのアレコレ」。今回は第5弾をお届けします。「NBAをこれから見はじめたい!」「NBAについてもっと知りたい!」というアナタへ、月バス編集部が毎週一つずつNBAにまつわるマメ知識をQ&A方式で出題! 「これは知っているよ」というライトなものから「へぇ~」と思わず口にしてしまうようなディープなものまで幅広く紹介していきます!

 

 前回のお題は「先日、ビンス・カーター(ホークス)が歴代最長の22シーズン目を戦うことが決定しましたが、レギュラーシーズンで歴代最多出場試合数を誇る選手は?」でした。

 

 正解は…ロバート・パリッシュ(元セルティックスほか)/1,611試合

 

 チーフの愛称で親しまれたロバート・パリッシュは1977年から97年までの21シーズンをNBAでプレーしました。特に印象深いのは80年から94年まで所属したセルティックス時代で、この期間にラリー・バード、ケビン・マクヘイルらと共に三度のNBA制覇を成し遂げました。

 

 79年シーズンまでウォリアーズに所属していたパリッシュは3位指名権と共にセルティックスの1位指名権とトレード。このとき獲得した3位指名権で指名した選手こそ、マクヘイルだったのです。こうして史上最強クラスのフロントコートトリオが完成し、このトレードは後に“トレードマジック”と呼ばれるようになりました。

 

 ちなみに最後のシーズンには43歳にしてプレー! しかも、そのシーズンに所属したのはマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズでした。

 

 (現役最後のシーズンはブルズでプレーし、優勝/写真左端がパリッシュ)

 

 最後にひとつ、第5弾を配信した本日、8月30日は何とパリッシュの66歳の誕生日!

 Happy Birthday Cheef !!

続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください