月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/04/24

【NBAのアレコレvol.35】オールスターゲームで初めて兄弟そろってスターターを務めた2人は?

 月バス.com限定配信の「NBAのアレコレ」。今回は35弾をお届けします。「NBAをこれから見はじめたい!」「NBAについてもっと知りたい!」というアナタへ、月バス編集部が毎週一つずつNBAにまつわるマメ知識をQ&A方式で出題! 「これは知っているよ」というライトなものから「へぇ~」と思わず口にしてしまうようなディープなものまで幅広く紹介していきます!

 

 前回のお題は「オールスターゲームで初めて兄弟そろってスターターを務めた2人は?」でした。

 

 正解は…パウ・ガソルとマルク・ガソル

 

 ヨーロッパ出身の選手が多く活躍する昨今のNBAにおいて、ダーク・ノビツキー(元マーベリックス)やトニー・パーカー(元スパーズほか)らと共に長くリーグで活躍しているのが、パウ&マルクのガソル兄弟です。共に7フィート越えの長身(パウ…213cm、マルク…216cm)と高いバスケットIQ、そして柔らかなシュートタッチを持っており、兄弟選手という括りで見ればおそらくNBA史上最高の選手と言えるでしょう。

 

 パウはレイカーズでコービー・ブライアントの相棒として2009、10年とNBA連覇。マルクも昨季はラプターズのフランチャイズ初優勝の中心選手として大活躍しました。

 

 そんな2人は2015年、ニューヨークで開催されたオールスターゲームで史上初めて、兄弟選手としてそろってスターターとしてプレーしました。互いにマッチアップする時間帯も長く、時に真剣に、時に和やかな雰囲気でプレーする姿はファンを大いに喜ばせていました。

 

 

 

 兄のパウはNBA入り以前は医者を志していた秀才。弟のマルクは昨季のイースト準決勝でサージ・イバカとスペイン語でコンタクトを取り、シクサーズのエース、ジョエル・エンビードを困惑させたそうです。

 

 こんなエピソードからも、彼ら2人がバスケット以外の面でも非常に優れた人物であることが分かりますね。

 

 では、今回お題は…

 

Q.ユーロステップを世に浸透させた左利きのシックススマンの名は?

ヒント…スパーズ王朝の一翼を担いました

 

 答えはうんちく、第36回のお題と共に5月1日(金)公開!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください