高校生

高校生

2019/12/22

『エア ジョーダン 34』をまとい、ウインターカップに挑む福岡大附大濠高“TROJANS”

 そんな、アスリート・ファーストで生み出されたモデルを12月21日(土)からスタートする「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」で着用するのが、福岡県の名門・福岡大附大濠高(以下、大濠)、TROJANSのプレーヤーたちだ。ここでは、大濠の7人の選手に聞く『エア ジョーダン 34』の魅力やシューズ選びのこだわり、ウインターカップへ向けての意気込みを紹介する。

 

 

TROJANSに一問一答!

 

田邉太一(#6/3年/191cm/F/当仁中)

 

Question No.1

 

――『エア ジョーダン 34』を履いたときの第一印象を教えてください。

田邉 とても軽くて今までと比べ、スリムな仕上がりになっていると思います。

平松 いつも履いているものよりスマートになっているけど、とても軽い印象です。

岩下 シンプルでカッコよく、スリムな感じを受けました。

西田 すごくカッコいいと思いました。これまでのシューズよりも数段軽いです。

横地 カッコいい! ほかのジョーダン・シリーズよりも履きやすいです。

間山 すごく軽く、フィット感があって裸足のような感覚があります。

木林 とても軽くて履きやすい印象です。

 

平松克樹(#10/2年/172cm/PG/西福岡中)

 

Question No.2

 

――今回のモデルの一番好きなところはどこですか?

田邉 デザインがシンプルで軽量なところ。

平松 ミドルカットで、非常に足が動かしやすいところが好きです。

岩下 デザインがシンプルでカッコいいところ。

西田 今までのシューズより軽く、デザインや色合いが良いところ。

横地 いつものジョーダン・シリーズよりも軽量なところ。色合いも好きです。

間山 アウトソールに文字が入っており、そこがカッコいいです。

木林 軽くて動きやすいところ。黒と白の色合いが好きです。

 

岩下准平(#13/1年/179cm/PG/西福岡中)

 

Question No.3

 

――シューズを選ぶときのポイントはどこですか?

田邉 蛍光色を除いたシンプルなデザインのものを選びます。横幅が広く、紐をきつめに結べるシューズが良いです。

平松 横幅が広く、シンプルなデザインで軽いシューズを選びます。

岩下 色が目立ちすぎず、足にフィットするものを好んで履いています。

西田 横幅が広く、色は黒か紺。ソールがやわらかいものが好きです。

横地 白以外でソールが柔らかく、軽量なものを選ぶことが多いです。

間山 グリップがしっかりとしているものを選びます。

木林 デザイン重視です。

 

西田公陽(#4/3年/184cm/SG/海陽中)

 

Question No.4

 

――高校生でジョーダン ブランドのシューズを履けることについてどう感じますか?

田邉 純粋にうれしくて、誇らしく感じています。

平松 簡単に履けるものではないので、うれしいです。

岩下 うれしい気持ち、感謝です。だからこそ、最高のプレーを心掛けたいです。

西田 とてもうれしくて感謝していると同時に、責任も感じています。

横地 すごいことだと感じています。最高のプレーをしたい!

間山 とても贅沢なことであると同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。

木林 すごいことであり、感謝しています。自覚を持ってプレーしたいです。

 

横地聖真(#14/3年/192cm/F/岩成台中)

 

Question No.5

 

――現役NBA選手が着用しているモデルを、ウインターカップで着用できることについては、どういった心境ですか?

田邉 有名選手と同じシューズを全国大会で履けると思うと、モチベーションが上がります。

平松 人気のある選手と同じシューズを履けてとてもうれしいです。

岩下 NBA選手と同じシューズを履けることを誇りに思い、全力で大会に臨みます。

西田 モチベーションアップやパフォーマンスの向上につながります。

横地 テイタム選手が大好きです。ウインターカップで履けるということで、自分もNBA選手になった気分です。

間山 すごくカッコいいことだと思うし、モチベーションが上がります。

木林 有名選手が履いているシューズを、自分たちが全国の舞台で履けることがうれしいです。

 

間山 柊(#7/2年/194cm/PF/東中)

 

Question No.6

-Last Question-

 

――最後に、ウインターカップへ向けた意気込みを一言!

田邉 3年間積み上げてきたものを出し切って、悔いのない大会にします。

平松 自分たちのやるべきことを徹底し、日本一になります。

岩下 個人として高校初の全国大会なので、悔いのないよう優勝を目標に、精一杯頑張ります。

西田 日本一という目標を達成できるように一戦必勝で頑張ります。今までお世話になった方々に結果で恩返しがしたいです。

横地 とにかく前向きに、ひたすら頑張ります。

間山 チームが日本一になるために献身的に頑張ります。

木林 日本一に向けて一戦必勝で、自信を持って戦います。

 

木林 優(#8/3年/200cm/PF/梅丘中)

 

 昨冬は福岡県予選で涙をのんだ大濠。あれから早1年――。並々ならぬ闘志と決意を持って挑む大濠の2年ぶりの冬。最新の『エア ジョーダン 34』をまとい、コートを駆け抜けるTROJANSの選手たちに注目してもらいたい!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • かすみ防災アリーナ
  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube

ffd