NBA

NBA

2022/11/25

NBAエイトンを背後から突き飛ばしたベバリーに3試合の出場停止処分

 

【サンズ戦4Qに起こったプレーでベバリーに3試合の出場停止処分】

 

現地11月24日(日本時間25日)、NBAのジョー・デュマース(バスケットボール・オペレーション責任者)は、パトリック・ベバリー(ロサンゼルス・レイカーズ)に対して、3試合の出場停止処分を科した。ベバリーは現地22日のフェニックス・サンズ戦で4Qにディアンドレ・エイトンを突き飛ばしている。

 

【動画】ベバリーが突き飛ばしたシーン&ブッカーのコメント動画をチェック

 

問題のシーンが起きたのは4Q残り4分を切ったところ。サンズの106-96で迎えたレイカーズのオフェンス、オースティン・リーブス(レイカーズ)が左ウイングからドライブで仕掛けてショートコーナーでシュートを放とうとしたが、しっかり付いていたデビン・ブッカー(サンズ)に抑えられて転倒。仰向けに倒れ込んでしまう。

 

ここでファウルがコールされて試合がストップ。ブッカー、エイトンが続けて倒れたリーブスに近づいているのだが、ベバリーはその振る舞いが気に入らなかったようですぐに駆け寄るとエイトンを背後から突き倒した。

 

一連のプレーで、ブッカー、エイトンにはフレグラントファウル、ベバリーは退場処分が科された。このプレーについて試合後、ブッカーは「想定以上。パット(ベバリー)は人を後ろから押すのをやめた方がいい。押すなら胸側からだ。言いたいのはそれだけだ」と報復の仕方が危ないとコメント。一方、退場処分を受けたベバリーは「仲間が倒れているのに2人の選手は意地悪そうに見ていて、審判もそれを止めようとしなかった。だから、チームメイトのために立ち上がっただけ」と語っていた。

 

文/広瀬俊夫(月バス.com)

 

【次ページ】ベバリーが突き飛ばしたシーンほか

  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内