中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2022/08/23

【全中2022】布水が決勝進出、オフェンスが爆発し倉敷市立南を退ける

 

2Qに作ったリードを守って布水が決勝進出

 

8月23日、「第52回全国中学校バスケットボール大会」大会3日目男子決勝トーナメント準決勝、倉敷市立南(岡山県)と野々市市立布水(石川県)が対戦。布水が85-63で勝利。優勝した1992、2014年大会以来3度目となる決勝進出を決めた。決勝は本日13時30分開始予定。

 

全中2022全試合配信『バスケットLIVE』

 

試合開始直後、早いテンポで躊躇なくシュートを放っていく両校。まず初得点を奪ったのは布水、#12宮森昊太が左コーナーから3Pシュートを決める。

 

一方、倉敷市立南は残り6分強に#23岡本悠太のミドルシュートでチーム初得点。すると残り5分、#3森原興毅がトップから3Pシュートを決めて5-4とするが、布水は直後のオフェンスで#6北本が3Pシュートを決めて7-5に。

 

その後、倉敷市立南は#21廣田翼が得点するが、布水は#6北本、#12宮森が追加点を奪っていき、16-7とする。残り2分を切ったところで倉敷市立南は#2村上敬之丞がトップから3Pシュートを決めてスコアを2ケタに乗せたが、布水の16-11で1Qを終えた。

 

2Qファーストプレー、布水は#10北村優多が3Pシュートを決める。早めに追いつきたい倉敷市立南は、#7谷許煌、#34木山陽介がいい形からシュートを決めるが、布水は#7石坂悠人、#13神保旺介のシュート、#5北村の3Pシュートで残り4分で31-15と点差を広げていく。その後も、#5北村、#12宮森、#7石坂、#13神保がシュートを決めていった布水が、43-20とリードを23点に広げてハーフタイムを迎えた。

 

3Q、巻き返したい倉敷市立南は、まずエース#2村上がレイアップを決めると、#3森原がダブルクラッチ、#7谷許がロングシュートを決める。しかし、布水は、早い展開から#16本島学人、#5北村のシュートに#6北本の3Pシュートを決めるなどでの残り4分半で54-27とダブルスコアとする。

 

じりじりとその差を広げられてしまう倉敷市立南は残り1分48秒、#2村上が3Pシュート。フリースローが決まらず、4Pプレーとはならなかったが、自らリバウンドを奪ってシュートファウルをもらうと2本きっちり決めて35-61とする。#2村上は終了間際にフリースローを決めるが、布水の64-39で3Qを終える。

 

4Q、倉敷市立南は#7谷許、#23岡本が連続でシュートを成功。その後#2村上の3Pシュートも出て、開始3分で9-4と流れを作る。

 

さらに#3森原の3Pシュート、#2村上の得点と本来の得点力を見せる倉敷市立南だが、布水は#16本島、#5北村、#4伊勢奏らが着実に決めていく。

 

オフェンス、ディフェンス共に最後まで足を動かして、得点を狙っていった倉敷市立南。終了間際に#3森原の連続3Pシュートなども飛び出したが、布水が85-63で勝利し、決勝進出を決めた。

 

なお男子準決勝もう1試合は、四日市メリノール学院(三重県)が72-40浜松市立与進(静岡県)を下して初の決勝進出を決めている。

 

全中2022全試合配信『バスケットLIVE』

【特集】「全中2022」特設ページはこちらをクリック!!(出場校・名鑑・試合結果・予選リーグ戦・決勝トーナメント)

★「全中2022」の詳細レポートは、月刊バスケットボール11月号[9月24日(土)]に掲載予定! 全チーム選手リストも掲載!!

 

  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • マグダビッドx北海道レバンガ
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内