中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2022/08/22

【全中2022】四日市メリノール学院がベスト4進出。同じく攻撃力が自慢の春日部市立豊野に競り勝つ

 

2Q後半に作ったリードを守り切った四日市メリノール学院

 

8月22日、「第52回全国中学校バスケットボール大会」大会2日目男子決勝トーナメント2回戦、春日部市立豊野(埼玉県)と四日市メリノール学院(三重県)が対戦。2Q後半に作ったリードを守り切った四日市メリノール学院が88-74で勝利し勝利した。

 

共に予選リーグからオフェンスを武器に勝ち上がってきた両者が2回戦で激突。試合開始直後は、拮抗した展開となったが、四日市メリノール学院がまずリードを作る。#39栗原咲太郎の速攻、#21中村颯斗がスピードを活かして得点し、残り3分半で16-8とした。

 

豊野は#18菅山マテオス、#17廣岡律輝の活躍で残り2分を切ったところで16-19と点差を詰める。しかし、四日市メリノール学院は#21中村、#39栗原咲太郎が着実に得点を奪っていき、24-20で1Qを終える。

 

2Q、四日市メリノール学院は#13蓑手海叶が序盤に連続得点。さらに#21中村の3Pシュート、#34白谷柱誠ジャックがインサイドで得点するなどで、リードを広げる。

 

対する豊野は#9渡部開、#8楠見海翔が決めるが、連続得点はならず。残り4分23秒、#0榎木璃旺がタップシュートを決めて四日市メリノール学院が36-26と2ケタ差を付ける。

 

#8楠見の3Pシュートなど良い攻撃も見せる豊野だが、クォーター終盤、四日市メリノール学院は#21中村が2本、#13蓑手が1本と3Pシュート攻勢で51-33とリードを広げてハーフタイムを迎えた。

 

3Q開始直後、#39栗原のフリースローで四日市メリノール学院が53-33と20点リードに。しかし、豊野は好ディフェンスから#9渡部、#4浦野広大が得点すると、#8楠見の3Pシュート2本を決め、残り4分半で46-60と差を詰める。

 

クォーター中盤、シュートの入らない時間が続いた四日市メリノール学院は、#0榎木璃旺が3Pプレーに3Pシュートを決めてチームを引っ張る。しかし、豊野は#8楠見の3Pシュート、#18菅山のインサイドなどコツコツと取り返していき、残り2分3秒、#4浦野の例アップで55-65と10点差とする。

 

追い上げムードの豊野。しかし、ミスも出て詰めきれず。68-57と四日市メリノール学院の11点リードで最終クォーターを迎えた。

 

4Q、豊野はバックコートから四日市メリノール学院にプレッシャーをかけてターンオーバーを引き出すと、#9渡部、#17廣岡が得点して63-70とする。ここで、四日市メリノール学院は#21中村が3Pシュートを決めて、残り6分20秒で73-63と2ケタ差に戻す。

 

足が攣る選手が出るなど疲れも見える中、プレッシャーをかけ続ける豊野。チャンスを#9渡部、#4浦野が決めるなどで71-79と1ケタ差まで持っていくが、反撃もここまでだった。残り1分を切ってから、ターンオーバーが続いて連続失点すると、最後はファウルゲームを展開したが奏功せず。四日市メリノール学院が、88-74で勝利し、準決勝進出を決めた。なお同校は女子部もベスト4進出を果たしている。

 

全中2022全試合配信『バスケットLIVE』

【特集】「全中2022」特設ページはこちらをクリック!!(出場校・名鑑・試合結果・予選リーグ戦・決勝トーナメント)

★「全中2022」の詳細レポートは、月刊バスケットボール11月号[9月24日(土)]に掲載予定! 全チーム選手リストも掲載!!

  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • マグダビッドx北海道レバンガ
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内