月バスTOPICS

月バスTOPICS

2022/07/19

月バス.com アクセス数が多かった記事TOP5!【2022年7月11日〜7月17日】

 月バス.comで配信されたニュースから、7月11日(月)〜7月17日(日)までの1週間でアクセスの多かったTOP5を紹介!(記事公開日ではなく、期間中の累計アクセス数。特設サイトは除く)

 

5位:Wリーグ サマーキャンプスタート!新戦力のアピールの場に

 

 

 7月15日よりWリーグサマーキャンプが群馬県高崎アリーナで始まった。17日までの3日間で、Wリーグ14チームに加え、社会人チーム、学生選抜チームなどが参戦し、競技力向上を求め切磋琢磨する大会だ。

 

4位:FIBA男子世界ランキング最新版、日本は38位に後退

 

  FIBAが3月1日付の男子世界ランキング最新版を公表した。日本はランクを12月の前回発表時から一つ落として38位に位置している。日本のランキングは昨夏の東京2020オリンピック直後、それまでの42位から35位に上昇した。

 

(写真/©FIBA.U17WC2022)

 

 FIBA U17ワールドカップ2022(スペイン開催)は7月6日に準々決勝進出決定戦(ラウンドオブ16)が行われ、男子日本代表がフランスと対戦した。FIBA世界ボーイズランキング3位で平均身長が201cmという大型チームのフランスに、日本は43-108と65点差をつけられて大敗。この結果日本は9-16位決定戦に進むことが決まった。

 

3位:町田瑠唯は「進化の過程」 - マイク・ティボーGM兼HC語る

 

 日本時間7月17日未明(北米時間16日午後)にワシントン・ミスティクスが行った練習後会見で、マイク・ティボーGM兼HCが現地記者の質問に答えて町田瑠唯について言及。現時点での課題や開幕からの成長ぶりについて語った

 

2位:U17女子日本代表、強豪スロベニア倒して8強入り – FIBA U17女子ワールドカップ2022

 

TeamJapan_0713-1.jpg

 (写真/©FIBA.U17WWC2022)

 

 グループラウンドを終えたFIBA U17女子ワールドカップ2022は、7月13日に準々決勝進出決定戦(ラウンドオブシックスティーン)が行われ、U17女子日本代表がスロベニアと対戦した。スロベニアはグループラウンドで、日本がU16アジア選手権決勝で敗れたオーストラリアを87-80で倒した強豪チーム。

 

1位:U17女子日本代表、対アメリカ戦試合後のコメント集 – FIBA U17女子ワールドカップ2022

 

NatsumiYabuuchi_0715.jpg

(写真/©FIBA.U17WWC2022)

 

 日本時間7月15日未明に、FIBA U17女子ワールドカップ2022の準々決勝でアメリカと対戦したU17女子日本代表の薮内夏美HCとプレーヤー4人から、コメントが届いた。38-112の敗戦という非常に難しい試合だったが、FIBA世界ガールズランキング1位の強豪との対戦は、楽しみながら収穫を得る機会にできていたようだ。

 

 以上、先週のTOP5でした!

 

 月バス.comでは、7月27日(水)から香川県で開催されるをインターハイ特設サイトを公開中。各都県予選結果、出場校一覧、トーナメント表など掲載しています。また、8月20日(土)から群馬県で開催する月バスカップU15特設サイトも公開中。ぜひ、チェックしてみてください!

 

 来週もお楽しみに。

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内