月バスTOPICS

月バスTOPICS

2022/07/05

月バス.com アクセス数が多かった記事TOP5!【2022年6月27日〜7月3日】

 月バス.comで配信されたニュースから、5月30日(月)〜6月5日(日)までの1週間でアクセスの多かったTOP5を紹介!(記事公開日ではなく、期間中の累計アクセス数。特設サイトは除く)

 

5位:【近畿大会】ライバル対決は大阪薫英女学院が昨年のリベンジV

 

 

 6月24~26日にかけて滋賀県で開催された近畿大会(第69回近畿高等学校バスケットボール大会)。女子決勝は、昨年優勝の京都精華学園と同準優勝の大阪薫英女学院の対戦となった。昨年は大きくリードする京都精華を薫英が後半で猛追する構図となり、最後に逃げ切った京都精華が85-79で優勝を飾ったが、今年も似た展開で試合が進んでいく。

 

 

4位:U16女子日本代表、超大型オーストラリアに惜敗- FIBA U16女子アジア選手権

 

 ヨルダンのアンマンで開催されているFIBA U16女子アジア選手権大会2022ディビジョンAは6月26日に大会第3日目を迎え、U16女子日本代表が今大会でFIBA世界ガールズランキング最上位(世界2位)かつサイズ的に最も大型チームであるオーストラリア代表と対戦した。

 

 

3位:3x3男子日本代表、屈辱のW杯全敗で直視すべきデータ

 

 

 FIBA3x3ワールドカップ2022において、東京2020オリンピックでの6位フィニッシュという成績からの上昇を狙った3x3男子日本代表は、1勝も挙げることができず4試合中3試合でノックアウト負け、平均得点12.8、平均失点20.3という惨敗を喫した。

 

 

2位:U16女子日本代表がニュージーランド撃破でW杯行き決定

 

 

 大会4日目を迎えたFIBA U16女子アジア選手権2022ディビジョンAで、U16女子日本代表がニュージーランドと対戦、執拗なディフェンスで高さのある相手にミスを連発させ、87-49と38点差をつけて勝利した。この結果、グループAで3勝目を挙げた日本代表は今大会の上位4位以内が確定。

 

 

1位:監督が怒るのは禁止!千葉ジェッツが参画する日本一夢のあるミニバス大会が年末開催!

 

 

 2020-21シーズンにBリーグ制覇を成し遂げた千葉ジェッツ。ホームタウンの千葉県船橋市での人気は根強く、船橋アリーナは毎試合ブースターで真っ赤に染まる。そんな地域密着型のクラブが、ミニバスケットボールの大会に特別協力という形で参画することとなった。

 

 以上、先週のTOP5でした!

 

 月バス.comでは、7月26日(火/開会式)から香川県で開催されるをインターハイ特設サイトをオープンしました。各都県予選結果、出場校選手名鑑、トーナメント表など公開しているのでチェックしてみてください!

 

 来週もお楽しみに。

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内