月バスTOPICS

月バスTOPICS

2022/06/28

月バス.com アクセス数が多かった記事TOP10!【2022年6月13日〜6月26日】

月バス.comで配信されたニュースから、6月13日(月)〜6月26日(日)までの1週間でアクセスの多かったTOP 10を紹介!

先週、投稿をお休みしてしまったので今週はTOP10を紹介です!笑

(記事公開日ではなく、期間中の累計アクセス数。特設サイトは除く)

 

10位:川島悠翔(福岡大学附属大濠高等学校2年)インタビュー「もっとダンクできるようになりたい」 – FIBA U16アジア選手権大会2022初日レポート

 

 6月12日に開幕したFIBA U16アジア選手権2022。その初戦で光ったプレーヤーの一人が、チーム2位の14得点に加え7リバウンド、4アシスト、3スティール、1ブロックと攻守で貢献した川島悠翔(福岡大学附属大濠高等学校2年)。本人にインタビュー。

 

 

 

 

 

 

9位:【北信越大会】男子は開志国際、女子は鵬学園が優勝

 

 令和4年度 北信越高等学校体育大会バスケットボール競技会 兼 第61回 北信越高等学校バスケットボール選手権大会は19日、石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターを会場に2日目の競技が行われ、男子は開志国際(新潟)、女子は鵬学園(石川)が優勝した。

 

 

8位:FIBA U16アジア選手権大会2022の男子U16日本代表チームの12人が発表に – 大会は6.12(日)から

 

 6月12日(日)から19日(日)までドーハ(カタール)で開催されたFIBA U16アジア選手権のメンバー発表。この大会はFIBA U17ワールドカップにつながるアジア地区予選の意味合いを持つ重要な大会で、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で中止となった2019年の大会を除き、2009年から2年に1度開催されてきた。

 

7位:【東海大会】愛知県勢がアベック優勝!中部大第一と桜花学園が決勝でもゲームを支配 

 

 「第69回東海高等学校総合体育大会」は、6月18〜19日の2日間、愛知県県一宮市のいちい信金アリーナ(一宮市総合体育館)にて開催された。男子・中部大第一、女子・桜花学園がそれぞれ優勝を飾った。

 

 

 

 

6位:U16男子日本代表、ニュージーランド代表を倒してFIBA U16アジア選手権2022の決勝に進出 

 

 FIBA U16アジア選手権大会2022の準決勝、ニュージーランド対日本は、U16男子日本代表が序盤から点差を広げて99-79で快勝。この大会における日本として初めての決勝進出が決まった。

 

 

 

5位:【東海大会】中部大第一と桜花学園が順当に初戦突破!4強は男女ともに愛知&岐阜勢に

 

「第69回東海高等学校総合体育大会」は、6月18〜19日の2日間、愛知県県一宮市のいちい信金アリーナ(一宮市総合体育館)にて開催された。男子・中部大第一、女子・桜花学園がそれぞれ優勝を飾った。

 

4位:【東北大会】決勝カードが決定!準決勝までの結果一覧 

 

 6月24日(金)~26日(日)にかけて「第77回東北高等学校男女バスケットボール選手権大会 兼 第58回NHK杯大会」が、秋田県のCNAアリーナ★あきたにて開催された。

 

 

3位:U16男子日本代表、日本時間6.12(日)19:30からクウェート代表とFIBA U16アジア選手権初戦 – 屈託のない笑顔に期待

 

 日本はこの大会における歴代最高成績となる銀メダルを獲得し、2014年以来2度目となるFIBA U17ワールドカップ2022への出場権を手にすることができる。また川島悠翔(福岡大学附属大濠高等学校2年)が大会MVPに輝き、石口 直(東海大学付属諏訪高等学校3年)も川島とともにオールスターファイブ入りを果たした。

 

 

2位:【東海大会】51点の大差でライバルを退けた桜花学園のテーマは「タイムシェア」

 

 タイムシェアでの戦いについて、長門明日香アシスタントコーチは「今年は機動力があるメンバーがそろっていて、その中で控えの#10田中こころなどはシュート力も持っていたり、3年生の#11大久保はディフェンス面で頑張ってもらったりというふうに、それぞれの特徴を生かしながら出ている時間にどんどん頑張ってもらうというスタイルでやっていこうかなと思っています」と説明。

 

 

1位:【九州大会】福岡勢を筆頭に男女とも4強が出そろう

 

 「第75回全九州高等学校体育大会競技大会」は、6月18・19日の2日間、宮崎県の宮崎市総合体育館(男子1日目&男女2日目)と早水体育文化センター(女子1日目)で開催。男子・福岡第一、女子・東海大付福岡がそれぞれ優勝を飾った。

 

 

 

 今週ランクインしたニュースは全て学生カテゴリーのニュースでした。1ヶ月後には香川インターハイが開幕!頂点に立つのはどのチームなのか!?そして、月バス.comでは今年もインターハイ特設ページをオープン!都道府県予選結果・出場校一覧など公開中!ぜひ、チェックしてみてください!

 

以上、先週のTOP10でした!

 

来週もお楽しみに。

 

 

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内