ミニバス

ミニバス

2022/03/30

【全国ミニバス2022】津屋崎シーボーイズ(福岡県)が勝利、田富男子スポーツ少年団(山梨県)に対して攻防で勝る

 

津屋崎シーボーイズは、出場選手が実力を発揮

 

3月30日、「第53回全国ミニバスケットボール大会」男子初日、津屋崎シーボーイズ(福岡県)田富男子スポーツ少年団(山梨県)が対戦。1Qこそ拮抗した展開となったが、2Q以降、オフェンスが機能した津屋崎シーボーイズが48-25で勝利を収めた。

 

【写真16点】津屋崎シーボーイズ(福岡県)vs.田富男子スポーツ少年団(山梨県)フォトギャラリーはこちら

 

試合開始から互いに激しいディフェンスを展開。なかなかシュートが決まらない。そんな中、全国大会直前、ウインターカップ2021を制覇した福岡大付属大濠高で合同練習を行なったという津屋崎シーボーイズは、#11鶴田大河が残り4分14秒にロングシュートを決めて初得点。直後に#14乙藤睦拓も速攻から得点とまずは津屋崎シーボーイズが見せ場を作る。

なかなか良い形が作れなかった田富男子スポーツ少年団だが、残り3分を切ったところで、チーム最長身173cmの#8成澤武琉がポストプレーからチーム初得点。さらにエース#4早川陽太が得たフリースローを1本決定。残り2分で3-4とする。

 

その後、津屋崎シーボーイズは#11鶴田、#14乙藤が、田富男子スポーツ少年団は#8成澤が決め、津屋崎シーボーイズの8-5で1Qを終える。

 

セカンドユニット同士の競り合いとなった2Q序盤、津屋崎シーボーイズは、#13津崎進人がロングシュートを沈めて10-5に。さらに#9徳丸柚葵が田富男子スポーツ少年団のシュートを見事なブロック。攻防で良いところを見せる。

クォーター中盤は守り合いとなり、点数が動かなかったが、残り3分40秒、#13津崎がシュートを決定。さらに#9徳丸、#18田中星輝も連続得点をあげていき、20-5一気にリードを広げる。

 

田富男子スポーツ少年団は残り1分20秒、#7飯塚建多がシュートを決めて連続失点を止めると、#5江本海翔もサイドからミドルシュートを見事決定。津屋崎シーボーイズの22-9でハーフタイムを迎えた。

 

 

3Q最初の得点は、津屋崎シーボーイズ#13津崎。サイドからきれいなミドルシュートを決める。

チームのキャッチフレーズは「ラン&ガン」。その持ち味を発揮したい田富男子スポーツ少年団だが、プレッシャーの前にうまくフィニッシュできない。逆に相手のお株を奪うかのように、津屋崎シーボーイズは激しいディフェンスを仕掛け、ターンオーバーを引き出すと、早い展開から#13津崎、#9徳丸が得点につなげる。結局は、津屋崎シーボーイズは34-11と23点差を作って3Qを終える。

 

4Q序盤は点の取り合いに。田富男子スポーツ少年団は#8成澤、#10清水がきれいなシュートを沈める。しかし、津屋崎シーボーイズは#5中島流輝斗、#10山下育大、#13津崎、#14乙藤が代わる代わる得点をしていく。

 

残り2分10秒、#10山下が切れ込んでシュートを決めて津屋崎シーボーイズが48-17と31点差とする。敗色濃厚となる中、田富男子スポーツ少年団は最後まで懸命にプレー。インサイドで#7飯塚が着実に得点を重ねると#10清水もサイドからミドルシュートを2本沈めるなど、最後の最後に見せ場を作る。なんとか差を縮めたものの、48-25、津屋崎シーボーイズが勝利を収めた。

 

☆月バス.COMでは大会期間中、連日、試合速報を実施!

出場チーム一覧など、「月バス.COM特設ページはこちら(https://www.basketball-zine.com/2022minibas)」

 

☆キラリと光る活躍を見せたプレーヤーの紹介など、見逃せない記事も連日アップ!

【“第53回全国ミニバス全試合配信”バスケットLIVE】

https://basketball.mb.softbank.jp/lives/103123?utm_source=partner&utm_medium=basketball-zine&utm_campaign=020

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021