中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2022/01/07

【Jr.ウインターカップ2021-22】京都精華学園中が決勝進出、ユサフ36得点、22リバウンドの活躍でEarnestに勝利

 

1月7日、「Jr.ウインターカップ2021-22(2021年度 第2回全国U15バスケットボール選手権大会)」大会4日目女子準決勝、Earnest(宮城県)と前回準優勝の京都精華学園中学校(京都府)が対戦。京都精華学園中が73-47で勝利し、2年連続となる決勝進出を決めた。

 

【写真】Earnest×京都精華学園中フォトギャラリー(写真15点)をチェック

 

「Earnest(宮城県)」は、双子の阿部姉妹、#4心愛、#5友愛がチームの中心。準々決勝の百合学院中(兵庫県[1])戦では、#14武田莉々果も21得点と活躍している。

一方、前回準優勝の「京都精華学園中学校(京都府)」には、191cmの#18ユサフボランレアイシャットという絶対的インサイドがいる。#5橋本芽依、#8山口優利亜といった非凡な得点力を持つ選手もそろっている。

 

初得点を奪ったのはEarnest。#6斉藤伶奈がきれいなジャンプシュートを決めると、京都精華学園中は、#4林咲良が決める。

その後、速めの展開から攻めるEarnestは、#7太宰心月、#4阿部心が得点するが、京都精華学園中は高さで勝る#18ユサフが序盤から活躍し、12-6とリードを作る。

残り1秒、#4阿部心がフィールドゴールを決めるが、京都精華学園中の18-12で1Qを終える。

 

早めに追いつきたいEarnestだが、京都精華学園中#18ユサフに連続得点を決められて開始1分で12-22と2ケタ差に。その後も#18ユサフが得点を重ねていく。

 

残り5分4秒、Earnest は速い展開から#14武田莉々果がクォーター初得点。すると#4阿部心も続き、16-26に。ハードなマンツーマン・ディフェンスを展開するEarnest は、京都精華学園中のシュートを2本防ぐと、残り2分57秒、#4阿部心が決めて17-28と1ケタ差とする。直後、#14武田が3Pシュート、#5阿部友も決めるが、京都精華学園中は#5橋本の連続得点、#7岡本桜のシュートでリードを詰めさせず。36-22で前半を終える。

 

2Q終盤、いい形を作れたEarnest、いい流れで3Qに入れるかと思ったが、形を作ってもシュートが決まらない。

残り5分41秒、京都精華学園中は#5橋本のシュートで42-22と20点差までリードを広がる。

その後、Earnestは#5阿部友、#15高橋侑生が、京都精華学園中は#18ユサフ、#8山口が得点。20点差付近でスコアが動いていくと、残り1分44秒、#7太宰が3Pシュートを決めると、#5阿部友が3ポイントプレーを決めると、#4阿部心がフィールドゴール、フリースローを決めて点差を詰めていき、41-56で3Qを終える。

 

4Q序盤、京都精華学園中は#18ユサフ、#7岡本、#8山口、#5橋本が4連続得点。64-41とリードを広げる。

流れを変えたいEarnestだが、残り5分44秒に#5阿部友が接触プレーで転倒。そのままコートの外に。残り4分17秒、#14武田がシュートを決めて連続失点を止めるが、京都精華学園中の勢いは衰えず。73-47で勝利して、2年連続となる決勝進出を決めた。

 

京都精華学園中は#18ユサフが36得点、22リバウンドと大活躍。そして#5橋本が12得点、#8山口が11得点、#4林が10得点を上げている。一方、Earnestは、#4阿部心が19得点、11リバウンド、#5阿部友が9得点、10リバウンドとチームを引っ張った。

 

【特集】Jr.ウインターカップ2021-22特設サイトはこちら

 

写真/月刊バスケットボール

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • WINTERCUP2021×JSPORTS-pc
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内