月バスTOPICS

月バスTOPICS

2021/12/10

12月18日に日本バスケットボール学会が学会大会を開催

 2014年に設立された日本バスケットボール学会。その第8回学会大会が、12月18日にオンライン上(Zoom形式)で開催される。

 

 シンポジウムのテーマは「3x3の魅力と有用性 ~強化・普及・研究の観点から~」。登壇者は東京オリンピックで3x3日本代表のサポートコーチを務めた中祖嘉人氏(一般社団法人アルボラーダ)をはじめ、3x3の研究をしている石塚諭氏(宇都宮大学)と石川峻氏(芦屋大学)。登壇者兼ファシリテーターを、南山大学バスケ部で3人制部門を新設した飯田祥明氏(南山大学)が務める。

 

 参加費は無料(事前申込みは15日まで)。なお、“開かれた学会”を目指す日本バスケットボール学会には、以下のような設立理念がある(設立趣意書より以下抜粋)。

 

「ひとくちに『バスケットボールの研究』と言っても、それは様々な角度から行うことができる。(中略)もちろん個々の分野における研究がより一層発展することも重要であるが、様々な分野を専門とする人々が集まることには、それだけにとどまらない意義がある。様々な分野の人々が一つの共同体のなかで交流し、意見を交わすことで、分野・領域を超えた学際的な研究も促進され、様々な化学反応も生まれることになるのである。(中略)バスケットボール学会は、単なる研究交流の場ではなく、実践に従事する指導者や選手もそこから多くを学べる場でなければならない」

 

 こうした理念の基、バスケットボール学会はこれからも年に1回以上の学会大会開催を予定している。

 

詳しくは下記のHPへ。

https://www.jsbs.info/congress

 

申し込み入力フォーム

https://forms.gle/RdU8QGDA3R744rUi7

 

【プログラム】

12月18日(土)

8:40~ URLへの入室開始

9:00~ 開会:内山会長ご挨拶・諸注意

9:05~10:45 シンポジウム

======

テーマ「3x3の魅力と有用性 ~強化・普及・研究の観点から~」

<登壇者>

・中祖嘉人 (一般社団法人アルボラーダ)

・石塚諭  (宇都宮大学)

・石川峻  (芦屋大学)

<登壇者兼ファシリテーター>

・飯田祥明 (南山大学)

======

11:00~12:05 口頭発表①

12:20~13:00 ポスター発表

13:15~15:00 口頭発表②

15:20~15:35 閉会:表彰式等

15:35~16:10 総会

 

 

(月刊バスケットボール)

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021