Wリーグ

Wリーグ

2019/10/25

日本女子バスケの強さを支えるWリーグの存在

 9月29日、バスケットボール女子アジアカップで日本が優勝を遂げた。実に4連覇である。中国、韓国の後塵を拝することが多かったアジアの勢力図の中にあって、2013年以来、頂点に立ち続けている。しかも、2017年の前回大会より、アジアゾーンにはオセアニアが加わり、世界ランク3位のオーストラリアがアジアカップに参戦することになった(因みに日本は10位)。前回大会では、そのオーストラリアを決勝で破り、また、今大会では準決勝で破って優勝を果たしている。さらに10月6日にはFIBA 3×3 U23 ワールドカップ2019において、日本女子代表が優勝を果たした。これは日本バスケットボール界の男女全カテゴリー (5人制 / 3人制、アンダーカテゴリー含め)で初となる世界大会での優勝である。

 近年、力を付けつつある日本女子バスケの強さはどこにあるのだろうか。その一つには日本人としては規格外の193cmの身長で身体能力も高い渡嘉敷来夢の存在が挙げられる。渡嘉敷は現在国内のWリーグで11連覇を果たしているJX-ENEOSサンフラワーズの大黒柱であり、Wリーグがオフになる夏場にはアメリカのプロリーグWNBAでプレーしてきてきたワールドクラスの選手である。また、ジュニア育成が連綿と行われてきていることにより、アンダーカテゴリー時代から、国際大会の経験が豊富な選手が多いことも挙げられるだろう。そして、何より代表選手を輩出するWリーグ所属チームの協力体制も忘れてはならない要因だと思われる。


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください