技術&戦術

技術&戦術

2021/07/04

月バスSet Play of the Week(172)バックス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 アトランタ・ホークスとカンファレンスチャンピオンの座を争っているミルウォーキー・バックス。自慢のフィジカルを生かしたディフェンスでハードワークを見せるP.J.タッカーをスターターに起用してから、チームはステップアップした。そんなバックスのオープニングで使ったハーフコートセットを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…ドリュー・ホリデー
②(SF)…クリス・ミドルトン
③(SF)…P.J.タッカー
④(PF)…ヤニス・アデトクンボ
⑤(C)…ブルック・ロペス

 

【A-1】
 ④がボールキャリーし、左右ローポストに①・③、左ハイポストに⑤、右ハイウイングに②がポジションを取ってプレーが始まる。
 ⑤のバックスクリーン(インターチェンジのような感じ)で①がダイブ、そのままウイングで④からのパスをレシーブする。⑤はすぐにポップ。

 

【A-2】
 ③は⑤にバックスクリーンをセットし、⑤はダイブ。③はすぐに②にスクリーンをセットする。④も続けてスクリーンをセットしてスタッガードスクリーンに。②はそのスクリーンを使って左へカット。①は②へのパスを狙う(※ゲームでは②へパスできず、①のアイソレーションとなった)。

 

★ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内