中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2020/03/03

2020年Jr. NBA世界選手権の日程、会場が発表!

 2月27日(現地時間)-にNBAは、2020年の Jr. NBA世界選手権が現地時間8月11日(火)から16日(日)まで、アメリカ・フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドにあるESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツで開催することを発表。この大会には世界中から13歳、14歳の32の男女トップチームが参加予定となっている。

 

 Jr. NBA世界選手権は男女のディビジョンが、それぞれアメリカ部門とインターナショナル部門に分かれ、総当たりのリーグ戦を経て、決勝トーナメントを行う。アメリカ部門はセントラル、ミッドアトランティック、ミッドウエスト、ノースイースト、ノースウェスト、サウス、サウスイースト、ウエストの8つ。インターナショナル部門はアフリカ、アジア太平洋、カナダ、中国、欧州、中東、インド、ラテンアメリカ、メキシコの9つとなる。

 

 1週間にわたって開催される同イベントでは、全32チームの参加者が、Jr. NBAが掲げる価値観を養い、成長し、記憶に残る体験ができるよう、現役および引退したNBA、WNBA選手と共に、健康とウェルネスプログラム、リーダーシップ育成プログラム、NBA Caresの地域奉仕プロジェクトなど、コート外での活動にも参加する予定。

 

 昨年のイベントには、ドウェイン・ウェイド(元マイアミ・ヒートほか)、グラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)、ブレアナ・スチュワート(WNBAシアトル・ストーム)、スウィン・キャッシュ(WNBAニューヨーク・リバティ)、マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)、アーロン・ゴードン(オーランド・マジック)などが参加。日本からは男子・内藤英真、女子・福王伶奈がそれぞれ選抜チームに選ばれている。

 

 なお、昨年の男子決勝はアメリカ部門ウエスト(カリフォルニア州ロサンゼルス)がアフリカに70-61で勝利し、女子決勝はアメリカ部門セントラル(ミズーリ州カンザスシティー)がカナダに72-35で勝利している。

 

  今大会に参加チームを決定する選抜大会は、今春に実施予定。詳細は後日発表される。公式Twitterと併せて、チェックしよう!

 

https://twitter.com/jrnba/status/1233074316016672768

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください