月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/02/27

NBAの名シューターたちのフォームに着目! 3Pシュートに対する興味深いデータも

 2月25日発売発売の『月刊バスケットボール4月号』では、令和時代の必須スキルとなる3Pシュートについて19ページにわたって大特集!

 

 特集の一つの企画として、NBAの名シューター6選手のシュートフォームに着目した。ステフィン・カリーとクレイ・トンプソン(共にウォリアーズ)の“スプラッシュブラザーズ” を筆頭に、驚異的な個人スキルに高確率の3Pシュートを織り交ぜて大暴れするジェームズ・ハーデン(ロケッツ)とデイミアン・リラード(ブレイザーズ)、さらには3P成功数歴代1位のレイ・アレン(元セルティックスほか)と同2位のレジー・ミラー(元ペイサーズ)というそうそうたるメンツ。

 

3P成功数歴代首位に立つアレン。美しいフォームだ。(Photo by Tomoaki Sasaki)

 

 時代の変遷によるシュートフォームの変化、NBA全体の3Pシュート試投数と成功数の推移などを集約!

 

 最新号をお楽しみに!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001516/

 

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内