月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/02/20

八村塁(ウィザーズ)が躍動したライジングスターズ、大激戦となったNBAオールスターゲームの模様をレポート!

 2月25日発売の最新号、『月刊バスケットボール4月号』では2月15日から17日にかけて行われたNBAオールスター・ウィークエンドの模様をレポート!

 

 日本人ファン大注目の八村塁はオールスターゲーム本戦の“前座試合”であり、若手選手のオールスターゲームでもあるライジングスターズに出場。豪快なスラムダンク6本を含む14得点の活躍を見せた。

 

 ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)やゴンザガ大時代の同僚ブランドン・クラーク(グリズリーズ)とも一夜限りの夢の競演を果たした八村。試合後にはゲスト解説の馬場雄大(Gリーグ/レジェンズ)、渡邊雄太(グリズリーズ)との貴重なスリーショットも公開した。

 

 

 そして、特別フォーマットとなったオールスターゲーム本戦は、マジック・ジョンソン(元レイカーズ)の素晴らしいスピーチと、開催地シカゴ出身のグラミー賞歌手ジェニファー・ハドソンによるコービー・ブライアント(元レイカーズ)へ捧げるオープニングアクトで幕を開けた。

 

 ブライアントが現役時代に貫いた勝負にこだわる姿勢を体現した試合の模様を掲載。最新号をお楽しみに!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001516/

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください