月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/02/22

“ウインターカップ2019感動大賞”発表! 女子プレーヤー部門は高橋未来(京都精華学園)に決定!

 男子・福岡第一(福岡)、女子・桜花学園(愛知)の優勝で幕を閉じたウインターカップ2019。すでに各校が新チームでのスタートを切っているが、今号ではウインターカップで見る者に勇気と感動を与えた“感動大賞”受賞選手を発表!

 

 女子プレーヤー部門で同賞受賞に輝いたのは初の全国3位輝いた京都精華学園(京都)のエース・高橋未来。京都府女子勢にとって長年鬼門となっていた全国ベスト8を壁を破ると、昨年のウインターカップではその強力なリーダーシップと、高校界屈指の得点力を武器にチームをメインコートへと連れて行った。

 

 山本コーチからも絶大な信頼を受け、そのプレースタイルからファンも多いという。今号では高橋にウインターカップを振り返ってもらうと同時に、中高6年間を過ごした京都精華学園、山本コーチへの思い、今後目指す選手像などを余すところなく聞いたインタビューを掲載する!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001516/

 

メインコートで流した涙が、また彼女を強くしたことだろう

 

 また、ここでは普段は“チームを引っ張るしっかり者のリーダー”という印象が強い高橋の意外な一面を、山本コーチと京都精華の後輩たちが教えてくれたので少し紹介しよう。

 

「先生の前ではハキハキとしたリーダーで明るい子だったけど、実は繊細な部分があって責任感をものすごく感じる子でした」(山本コーチ)

 

「高橋さんはクールに見えますけど、実はピンク色が大好きなんです」(荻田美/高2)

 

「バスケのときはすごくまじめでクールだけど、私生活になると乙女心が結構あるんです」(大谷内結乃/高2)

 

「練習中はストイックだけど、私生活とのギャップがすごくて。私服が乙女ですね、ギャップ萌えです」(白石ちさと/高2)

 

「みんなで遊びに行ったときとか、プリクラを撮ると本気で盛りにいっていました(笑)」(堀内桜花/中2)

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください