Bリーグ

Bリーグ

2020/03/08

『Mr.ビーコル』蒲谷正之(元横浜)の順風満帆な第二の出航

 Bリーグ横浜ビー・コルセアーズの創設期を支えた蒲谷正之。昨シーズン限りでユニフォームを脱いだ彼のバスケットボールキャリアは決して順風満帆ではなかっただろう。

 

 横浜商大高から日本大を経て、最初に所属したチームは三菱電機(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、2005年のことだ。

 

「幸運にも三菱電機さんから声をかけてもらって、お世話になることにしました。このシーズンからbjリーグが開幕したこともあり、bjリーグでのプレーも考えていたんです。バスケで食っていきたかったので。当時の感覚で言えば、やはりJBLの企業チームに行けない選手がbjリーグでプレーするといった感覚でしたし、企業チームであっても、いわゆる契約選手ですからプロですよね」と蒲谷は振り返る。

 

 

 ドライブやアウトサイドシュートなど得点力のある蒲谷だが、183cmの身長はトップリーグのシューティングガードとしてはサイズ不足と見られていた。そこそこのプレータイムは得ていたものの、より活躍の場を求めて2007年からbjリーグの富山グラウジーズへ移籍した。蒲谷の得点能力を知る元三菱電機の福島雅人がヘッドコーチを務めており、ラブコールを受けたからだ。その後、再び三菱電機に戻ったが、2011年には地元横浜に誕生したばかりの横浜ビー・コルセアーズに入団した。以降7年間、横浜でプレーすることになるのだが、2シーズン目には優勝を果たし、ファイナルで35得点をあげてプレーオフMVPを獲得。蒲谷が「Mr.ビーコル」と称された所以である。

 

 しかし、このとき実はチームは経営危機に直面していた。

 

「給料の遅配などもありましたね。僕はベテランの部類で、地元のチームですし、金銭的には何とかなったので、若いヤツから給料を支払ってくれなんて球団に頼んだり…。それでも、選手たちの試合に対するモチベーションは落ちていなかったですね。優勝すれば良くなるんじゃないか、そんな期待もあったのかもしれませんが、それよりも絶対に勝ちたいという気持ちが強かった。前年にファイナルで敗れていたので、何が何でも優勝したいという気持ちでした」

 

 リーグ参入2シーズン目にして優勝を遂げたものの、チームは経営体制の刷新を迫られた。その後、選手強化に資金が回せない時期が続き、上位進出を果たせないチームを、やはり地元出身の山田謙治(現アシスタントGM兼コーチ)とともに支え続けた。

 

「横浜で引退しようと考えていたんです。チームのスポンサー企業からも、それならうちで働いてくれないかといった話もいただいていたんですけど。横浜の元ヘッドコーチで、信州(ブレイブウォリアーズ)のヘッドコーチになった勝久マイケルから、どうしてもうちでやってほしいって。チームをB1に上げたいって。本当に何度も何度も説得されて。結局、そこまで必要としてくれるならと、移籍することにしました。横浜での最後のシーズンはケガもあって選手として不完全燃焼だったというのもありましたね」

 

 昨シーズン、優勝を知るベテラン・蒲谷を得た信州は、みごとにB2で優勝を果たした。しかし、ライセンスの問題でB1に上がることは叶わなかった。蒲谷はシーズン終了後に引退を表明、昨年の11月16日には横浜ビー・コルセアーズにより引退セレモニーが行われ、蒲谷の背番号「3」、山田の背番号「13」が、クラブ初の永久欠番となった。〈続きを読む


  1. タカシタカシ より:

    保険業界の者です。私自身、上位1%未満に入ると自負します。もちろん応援してますし、期待しています。ですが、明らかに保険業界に精通していない方の書かれた記事の様に思うので読者の中に安易な勘違いが生まれないか懸念してコメントしました。保険業界はその門を叩いた殆どの方が2〜3年で退職する(満足する報酬を得られ続ける事が難しい)現実もあります。それは前述のP生命でも同じです。継続する事が難しく、世の中で1番難しい営業とも言われます。これから死ぬ程の努力を継続して、金融知識によりバスケ業界を変えるくらいのご尽力を祈っています。

タカシタカシ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください