月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/07/02

日本代表の育成にもインパクトを与えた八村塁

 ミスターバスケットボールと呼ばれ、長年にわたり日本のバスケットボール界を牽引してきた佐古賢一氏。現在は指導者として日本代表のアシスタントコーチ、そしてU18、U16代表のヘッドコーチを務めている。そんな佐古氏が八村塁の日本代表へのインパクトについて、月刊バスケットボールのインタビューで語っている。日本人として初めてNBAドラフト1巡目指名を受けた八村塁は、日本代表のみならず、アンダーカテゴリーの育成にも大きな影響を及ぼしていたのだ。以下、一部を抜粋して紹介しよう。<続きを読む

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内