月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/03/05

NBA JAPAN GAMES 16年ぶりに開催

 NBAが16年ぶりに戻ってくる。NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten が2019年10月8日、10日にさいたまスーパーアリーナにて開催されることが発表された。対戦カードはトロント・ラプターズ、ヒューストン・ロケッツのプレシーズンゲーム。

 NBA JAPAN GAMESは1990年を最初に、2003年まで過去6回行われてきており、日本のNBAファン拡大に大きく影響を及ぼしてきた。1990年に東京体育館で開催されたユタ・ジャズ、フェニックス・サンズの対戦はシーズン開幕戦でもあり、北米外で初めて開催されたNBA公式ゲームとして大いに注目を集めた。以来、横浜アリーナ、東京ドーム、さいたまスーパーアリーナで計6回、12試合が開催されてきた。

 3月5日に開催された発表会見において、今回主催となる楽天株式会社の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は「NBAのすさまじい盛り上がりを日本のファンに見てもらいたい」「『NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten』を通じて、楽天がバスケットボール界全体の一層の活性化と発展に貢献できれば」とコメントしている。NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏は「NBAは日本で長い歴史を持ち、ファン層も拡大しています。私たちと三木谷社長をはじめとする楽天の皆さんとのパートナーシップを通じて、本物のNBAライブゲーム体験を日本のファンの皆さんにお届けし、日本におけるNBAの歴史に新たなページを加えられることを大変うれしく思います」とコメントを寄せた。

左から三木谷浩史氏、田臥勇太選手、スコット・リヴィー氏(NBAアジア)

 また、会見にゲストとして参加した日本人初のNBA選手、田臥勇太(栃木ブレックス)は「プレーヤーとしてもファンとしてもNBAが日本にやってくることにワクワクしています。NBAは技術の高さが世界一というだけでなく、その厳しさ、レベルの高さが世界一。すべてがベストというのがNBA」とその期待感を語った。また、注目している選手についてロケッツのジェームズ・ハーデン、クリス・ポール、ラプターズのカイル・ラウリーなどの名を挙げたうえで、「個人的にはヒューストンのヘッドコーチのマイク・ ダントーニ は、かつてNBAのサンズでプレーしていたときのヘッドコーチ。会える機会があればうれしいですね」と話した。

 今後のNBA Japan Games 2019 Presented by Rakutenの情報は下記サイトに登録することにより、順次案内されるとのこと。

https://tv.rakuten.co.jp/static/nba_japan_game_2019/

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください