その他の海外

その他の海外

2021/12/01

ルイビル大は5連勝で10位動かず – NCAA女子バスケ全米トップ25ランキング第4週

 NCAAディビジョンI女子バスケットボールのAP全米トップランキング最新版(第4週)が、日本時間11月30日(北米時間29日)に発表された。今野紀花が3年生に所属するルイビル大は、シーズン開幕戦で黒星を喫したあと5連勝と好調を維持し、前週・前々週から変わらず10位に位置している。


 今野はここまでの6試合すべてで10分以上プレーの機会を得ている。平均出場時間は15.3分で、4.0得点、2.5リバウンド、1.4アシストのアベレージ。3Pショットの成功はまだ2本のみだが、フィールドゴール全体の成功率は50.0%とキャリアハイの確率だ(リバウンドもキャリアハイ)。


 トップはサウスキャロライナ大で、プレシーズンから変わらずの絶対的な高評価。しかしルイビル大と同じアトランティックコースト・カンファレンス所属で、前週の5位から2位タイにジャンプしたノースキャロライナ州大、ルイビル大に初戦で土をつけた後堅実に順位を上げているアリゾナ大の躍進も目を引いている。

 

☆NCAA女子バスケットボール 2021-22ランキング
※表記はランク、チーム(カンファレンス、勝敗)、得点(1位投票数)


1 サウスキャロライナ大学(サウスイースタン、7-0) 750(30)
2 ノースキャロライナ州立大学(アトランティック・コースト、6-1) 704
2 コネティカット大学(ビッグイースト、3-1) 704
4 スタンフォード大学(パック12、5-2) 607
5 ベイラー大学(ビッグ12、6-1) 593
6 インディアナ大学(ビッグテン、5-1) 577
7 アリゾナ大学(パック12、7-0) 540
8 メリーランド大学(ビッグテン、6-2) 526
9 アイオワ大学(ビッグテン、4-0) 517
10 ルイビル大学(アトランティック・コースト、5-1) 483
11 テネシー大学(サウスイースタン、6-0) 461
12 ミシガン大学(ビッグテン、7-0) 430
13 サウスフロリダ大学(アメリカン・アスレティック、5-2) 417
14 アイオワ州立大学(ビッグ12、7-0) 394
15 テキサス大学(ビッグ12、4-1) 342
16 ケンタッキー大学(サウスイースタン、4-1) 234
17 テキサス農工大学(サウスイースタン、7-0) 221
18 オハイオ州立大学(ビッグテン、5-0) 204
18 オレゴン大学(パック12、3-2) 204
20 ジョージア大学(サウスイースタン、6-0) 167
21 ブリガムヤング大学(ウエストコースト、7-0) 148
22 フロリダガルフ・コースト大学(アトランティックサン、7-0) 141
23 オレゴン州立大学(パック12、3-2) 78
24 ノートルダム大学(アトランティック・コースト、6-1) 52
25 フロリダ州立大学(アトランティック・コースト、4-2) 51

このほかの得票チーム: ウエストバージニア大学 46, バージニア工科大学 37, コロラド大学 30, UCLA 29, ジョージア工科大学21, デューク大学 15, アーカンソー大学11, ゴンザガ大学 7, ノースキャロライナ大学 2, ディポール大学2, ワシントン州立大学2, ミズーリ州立大学1, パデュー大学 1, オクラホマ大学1

 

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • WINTERCUP2021×JSPORTS-pc
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内