男子日本代表

男子日本代表

2021/11/16

対中国2連戦に臨む男子日本代表候補が発表に - FIBAワールドカップ2023アジア地区1次予選Window1

 11月27日(土)・28日(日)の両日にゼビオアリーナ仙台(宮城県仙台市)で開催される、FIBAワールドカップ2023アジア地区1次予選Window1の日本対中国2連戦に臨む男子日本代表候補が発表された。


 トム・ホーバスHC体制下で初めての公式戦に招集された24人には、東京2020オリンピックに出場したメンバーからシェーファー アヴィ幸樹、富樫勇樹、ベンドラメ礼生、張本天傑、比江島 慎の5人が含まれているが、海外でプレーする八村 塁、馬場雄大、渡邊雄太の3人のほかギャビン・エドワーズ、金丸晃輔、田中大貴、渡邉飛勇の4人の名前がない。また、FIBAアジアカップ2021予選を戦ったライアン・ロシター、安藤誓哉、辻 直人、篠山竜青もいない。プレーヤーを供給しているのはBリーグの15クラブ。2人以上の選出は8クラブで最多は名古屋ダイヤモンドドルフィンズの3人となっている。B2でも唯一、ファイティングイーグルス名古屋から一人が選ばれた。

 

東京2020オリンピックのメンバーからは富樫を含め5人が選出された(写真/石塚康隆 月刊バスケットボール)

 

 Bリーグ視察時にホーバスHCは、オリンピックでの経験を重要視すること、ポイントガードにサイズをことさら求めないことなどを明かしていた。また、今大会は日本代表の本戦出場が確定しているため必ずしも勝利が絶対条件ではない一方、Bリーグ開催期間中で各クラブの戦況やプレーヤーのコンディションなど個別の事情への考慮も必要だ。今回の候補はそうした考えや背景を反映した顔ぶれと思われる。平均身長190.4cm、平均体重88.6kg、平均年齢が27.7歳。200cm以上のプレーヤーは5人だ。


 対中国2連戦に出場するプレーヤー12人は、基本的にこの24人の中から選ばれる。最終登録は各試合前日までに開催されるFIBAテクニカルミーティングでの承認を経て決定される。

 

☆FIBAワールドカップ2023アジア地区予選Window1男子日本代表候補(予備登録メンバー)

 

■チームスタッフ
※プロフィールは名前、所属
チームリーダー 調整中
ヘッドコーチ トム・ホーバス(JBA)
アシスタントコーチ 佐々宜央(宇都宮ブレックス)
アシスタントコーチ 前田顕蔵(秋田ノーザンハピネッツ)
アシスタントコーチ 勝久ジェフリー(川崎ブレイブサンダース)
スポーツパフォーマンスコーチ 佐藤晃一(JBA)
スポーツパフォーマンスコーチ 緒方博紀(JBA)
アスレチックトレーナー 一柳武男(JBA)
サポートアスレチックトレーナー 古澤美香(JBA)
チームドクター 金 勝乾(順天堂大学附属練馬病院)
テクニカルスタッフ 冨山晋司(JBA)
チームマネージャー 西村拓也(JBA)
サポートスタッフ 齊藤尋太郎(JBA)

 

■プレーヤー
プロフィールはNo. 名前(年齢)、ポジション、身長(cm)/体重(kg)、所属(出身校、出身地)
竹内公輔(36) PF 206/100 宇都宮ブレックス(慶応義塾大学/大阪府)
古川孝敏(34) SF 190/92 秋田ノーザンハピネッツ(東海大学 兵庫県)
岸本隆一(31) PG 176/75 琉球ゴールデンキングス(大東文化大学/沖縄県)
比江島 慎(31) SG 191/88 宇都宮ブレックス(青山学院大学/福岡県)
アキ・チェンバース(31) SF 191/90 群馬クレインサンダーズ(カリフォルニア大学マーセド校/東京都)
ルーク・エヴァンス(30) C 203/100 ファイティングイーグルス名古屋(カリフォルニア・バプティスト大学/アメリカ)
藤井祐眞(29) PG 178/75 川崎ブレイブサンダース(拓殖大学/島根県)
須田侑太郎(29) SG 190/87 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(東海大学/北海道)
張本天傑(29) SF 198/100 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(青山学院大学/愛知県)
森川正明(29) SF 191/86 横浜ビー・コルセアーズ(愛知学泉大学/福井県)
野本建吾(29) PF 201/101 群馬クレインサンダーズ(青山学院大学/兵庫県)
富樫勇樹(28) PG 167/65 千葉ジェッツ(モントロス・クリスチャン高校/新潟県)
ベンドラメ礼生(28) PG 183/83 サンロッカーズ渋谷(東海大学/福岡県)
原 修太(27) SF 187/96 千葉ジェッツ(国士舘大学 千葉県)
安藤周人(27) SG 190/88 アルバルク東京(青山学院大学/三重県)
齋藤拓実(26) PG 172/69 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(明治大学/神奈川県)
今村佳太(25) SG 191/92 琉球ゴールデンキングス(新潟経営大学/新潟県)
マシュー・アキノ(25) C 205/100 信州ブレイブウォリアーズ(ナショナル大学/フィリピン)
小島 エリエット海(24) PF 198/91 大阪エヴェッサ(シャミナード大学/神奈川県)
ザック・モーア(24) SF 198/95 大阪エヴェッサ(ブリティッシュコロンビア大学/アメリカ)
寺嶋 良(24) PG 179/77 広島ドラゴンフライズ(東海大学/東京都)
シェーファー アヴィ幸樹(23) PF 206/106 シーホース三河(ジョージア工科大学/兵庫県)
岡田侑大(23) SG 189/80 信州ブレイブウォリアーズ 拓殖大学 京都府)
西田優大(22) SG 190/90 シーホース三河(東海大学/徳島県)

※直前合宿には上記に川真田紘也(滋賀レイクスターズ、C、202cm/102kg)を加えた25人が参加する


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内