Bリーグ

Bリーグ

2021/10/27

育英高校2016キャプテン、U22日本代表候補、藤本巧太はアルティーリ千葉からどこまでいけるか

スピードに乗ったドライブからゴールを狙う藤本

 

 B3リーグに今シーズンから新規参入し、開幕から6連勝中のアルティーリ千葉で、控えのプレーメイカーとして存在感を増している藤本巧太。兵庫県出身で、大学時代にはU22日本代表候補にも名を連ねた。身長175cmの23歳。驚くべきスピードと思い切りの良さでチームの力になっている。


育英高校3年時はキャプテンとしてウインターカップ3回戦に進出


 存在感を高めているとは書いたものの、藤本はA千葉にとってファンの前で行う初めての試合となった川崎ブレイブサンダースとのプレシーズンゲーム(9月11日開催、56-91の黒星)の時点から、光る存在ではあった。藤本はこの試合にスターターとして出場し、前半終了間際のハーフコートショット成功を含む10得点、3リバウンド、1アシスト、1スティールを記録している。また、学生時代からの藤本の活躍を知っている人も多いだろう。


 名門として知られる育英高校時代は1年生からスターター。最終学年ではキャプテンを務め、インターハイでは県予選で大会の最優秀選手賞を受賞し、本戦でベスト16入り。ウインターカップも3回戦に進出した。同大会最後の試合は北陸高校が相手で、85-86の1点差という熱戦の中で藤本自身も19得点、8アシストと活躍した。

 

 高校卒業後に進んだ大阪体育大学では、1年生時に関西学生バスケットボール新人戦でチームを優勝に導き、自身も最優秀新人賞を受賞。関西5位で出場したインカレでは、初戦で筑波大学に82-109で敗れたものの、フィールドゴール12本中6本(3Pショットは1/1)を成功させて13得点、3アシスト、2リバウンドの記録が残る。2年生時には冒頭で触れたとおり、U22日本代表候補第1次スプリングキャンプのメンバーに招集されている。


 今年5月にはB1の舞台も経験した。5月2日におおきにアリーナ舞洲で行われた大阪エヴェッサ対滋賀レイクスターズ戦の第4Q残り3分4秒、エヴェッサの一員としてB1のコートに初めて登場した藤本は、ファーストタッチから得点機を作りだした。巧みなドリブルでマッチアップした野本大智を揺さぶり、右エルボー付近から思い切りよくジャンプショット。これが決まって、デビューの瞬間から10秒もたたないうちに初得点を記録した。


 大阪エヴェッサでの出場は3試合。平均5.0得点、フィールドゴール成功率50.0%、3P成功率42.9%、1.7アシスト、1.3リバウンドというスタッツを残した。特に5月9日の3試合目、対シーホース三河戦(84-97の敗戦)での、28分12秒出場して10得点、3アシスト、1スティール、そしてターンオーバーゼロというパフォーマンスは特筆すべきものだ(ターンオーバーは3試合を通じてゼロだった)。


 10月17日に千葉ポートアリーナで行われたA千葉対アイシン・アレイオンズの試合後、この日フィールドゴール5本中4本を決めて9得点を挙げ勝利に貢献した藤本について、アンドレ・レマニスHCは「勢いをもたらしてくれた」と評価し、さらにプレーの特徴を次のように話した。「彼ならではの持ち味である速さを生かし、ディフェンスの間を割ってペイントに攻め込み、相手にローテーションを強いるんです。そこから自分で決めてこられるし、パスも非常にうまい。ディフェンスではアキ(秋山 煕)とともにバックコートからプレッシャーをかけていけます」

 

10月17日、千葉ポートアリーナでのホームゲームに勝利した後、客席に手を振る藤本

 

☆次ページ: 10.23-24対豊田合成スコーピオンズ戦の藤本をレビュー

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内