その他の海外

その他の海外

2021/10/21

NCAA女子バスケ2021-22プレシーズンランキング、今野紀花所属のルイビル大が全米6位に

 NCAAバスケットボールシーズンの開幕が近づき、AP通信社が女子のプレシーズン全米トップ25ランキングを発表した。今夏の東京2020オリンピックに向けた日本代表候補にも選ばれた今野紀花が所蔵するルイビル大は、全米6位に入っている。1位は、今月15日に7年間で25億円に上る巨額契約更改を行ったドーン・ステイリーHCが率いるサウスキャロライナ大。続く2位には身長180cmでトリッキーなボールハンドリングと正確なショットメイキングが魅力のポイントガード、ペイジ・バックナーを擁するコネティカット大が、3位には今春のNCAAトーナメントでチャンピオンとなったスタンフォード大が入った。

 

☆NCAAバスケットボール 2021-22プレシーズンランキング
※表記はランク、チーム(カンファレンス)、得点(1位投票数)


1 サウスキャロライナ大学(サウスイースタン) 705 (14)
2 コネティカット大学(ビッグイースト) 696 (10)
3 スタンフォード大学(パック12) 682 (5)
4 メリーランド大学(ビッグテン) 632
5 ノースキャロライナ州立大学(アトランティック・コースト) 589
6 ルイビル大学(アトランティック・コースト) 575
7 ベイラー大学(ビッグ12) 522
8 インディアナ大学(ビッグテン) 521
9 アイオワ大学(ビッグテン) 513
10 オレゴン大学(パック12) 479
11 ミシガン大学(ビッグテン) 403
12 アイオワ州立大学(ビッグ12) 376
13 ケンタッキー大学(サウスイースタン) 368
14 オレゴン州立大学(パック12) 273
15 テネシー大学(サウスイースタン) 244
16 フロリダ州立大学(アトランティック・コースト) 231
17 オハイオ州立大学(ビッグテン) 197
17 ジョージア工科大学(アトランティック・コースト) 197
19 ウエストバージニア大学(ビッグ12) 192
20 UCLA(パック12) 175
21 サウスフロリダ大学(アメリカン・アスレティック) 146
22 アリゾナ大学(パック12) 135
23 テキサス農工大学(サウスイースタン) 123
24 バージニア工科大学(アトランティック・コースト) 98
25 テキサス大学(ビッグ12) 79
このほかの得票チーム: ジョージア大学65, ミシガン州立大学63, フロリダガルフ・コースト大学 43, ミズーリ州立大学18, サウスダコタ大学13, ルイジアナ州立大学10, アーカンソー大学10, ワシントン州立大学9, オクラホマ州立大学8, ノートルダム大学8, ディポール大学6, ベルモント大学5, オクラホマ大学3, サウスダコタ州立大学1


 今野の活躍が期待されるルイビル大は昨シーズン、所属のアトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)でレギュラーシーズンのチャンピオンとなっており、前述のNCAAトーナメントでも“エリートエイト”と呼ばれる8強入りを果たした。2年生としてプレーした今野は、フィールドゴール成功率が1年生時の40.8%から48.1%へ、3P成功率も12.5%から35.1%へと大幅に向上。3年生となる今シーズンは、相手にとって一層大きな脅威となりそうだ。

 

 チームメイトには、コネティカット大のバックナーとともにU19アメリカ代表の一員として、FIBA女子ワールドカップ2019で金メダルを獲得したガードのヘイリー・バン・リスをはじめとした有力なプレーヤーがそろっており、ACCにおけるプレシーズンの予想では2位。最終的にはACCはもちろん、チーム初の全米タイトルをねらうチームだ。

 

FIBA U19女子ワールドカップ2019決勝でのヘイリー・バン・リス(写真/©fiba.basketball)


 NCAA2021-22シーズンのディビジョンI女子バスケットボールには、日本人プレーヤーが複数いる。すべてを把握してはいないのだが、昨夏ノースアラバマ大に転入した鈴木妃乃は、昨シーズン中に左ヒザ前十字靭帯断裂の大ケガでチームを離脱した後、開幕時点での再起を目指してリハビリに励んでいる。また、ニューメキシコ州大には、NJCAAのサウスジョージアテクニカルカレッジでディビジョンIのオールアメリカン・セカンドチーム入りを果たし、今年転入してきた志田 萌が所属している。それぞれがすでに上級生で、コンディションさえ整っていれば、活躍の機会も得られる可能性は低くはなさそうだ。


 11月から始まる2021-22シーズンは、来年4月のファイナルフォーまで約6ヵ月間続く。NCAAトーナメントは3月18日(金)から始まり、ファイナルフォーの開催地はミネアポリス。セミファイナルが4月1日(日)、そしてファイナルが3日(火)となっている。


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内