女子日本代表

女子日本代表

2021/09/27

5連覇なるか? FIBA女子アジアカップ2021日本代表展望

アンマンでのメディアデーより(写真/©fiba.baskertball)

 

 5連覇のかかるFIBA女子アジアカップ2021に臨む日本代表は、9月26日に開催地アンマン(ヨルダン)でメディアデーを迎えた。大会の開幕は27日。以降の日程は以下のとおりとなっている。

 

☆グループラウンド
9/27(月) 16:00- 日本代表対インド代表
9/28(火) 16:00- ニュージーランド代表対日本代表
9/29(水) 16:00- 日本代表対韓国代表

 

☆決勝トーナメント

10/1(金) 準決勝進出決定戦/7-8位決定戦
10/2(土) 準決勝/順位5-6決定戦
10/3(日) 決勝/3位決定戦

 

CSフジテレビNEXTが日本戦全試合を生中継予定


 今大会は2つのグループの1位が準決勝に直接進出し、両グループ2位と3位はたすき掛けで決勝トーナメント進出決定戦を行う。最終的にその試合に勝利した2チームを含む4チームによる決勝トーナメントで優勝を決める(その4チームにFIBAワールドカップ2022予選会出場権が与えられる)。

 

 すでに大会初戦登録の12人のロスターが大会公式サイトで公開されており、チームはもちろん臨戦態勢。アシスタントから昇格の形でトム・ホーバス氏を引き継いだ、恩塚 亨HCが率いるチームの初舞台に注目が集まる。


超強気な女子日本代表、「優勝以外は考えていない」と恩塚HC

 

 女子日本代表チームとしては、東京2020オリンピックの銀メダリストという肩書を引っ提げて臨む今大会だが、実際にはロスター12人中にその舞台を味わったメンバーは林 咲希(ENEOSサンフラワーズ)、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)、赤穂ひまわり(デンソーアイリス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)の5人のみで、同大会で主軸となったメンバー複数名が抜けている。また、恩塚HCはホーバス氏とは異なるアプローチで今大会に臨むことも考えれば、FIBA女子アジアカップ2021の女子日本代表は、まったくゼロからのスタートと言える。


 にもかかわらず、9月14日に行われたズーム会見の機会には、新指揮官は「目標は優勝です。それ以外は考えていないです」と語り、チームに対する全幅の信頼と自信を感じさせた。穏やかに語る恩塚HCだが、今回の日本代表は非常に強気な姿勢でアジアのトップを目指していることが感じられる。

 

新任の恩塚HCの下、FIBA女子アジアカップ2021で女子日本代表が新たなスタートを切る(写真/©JBA)


 14日の会見時点で恩塚HCは、「チームの仕上がりは70%。何を強みにして戦うかのビジョンの共有ができ、その強化を始めている段階」と話していた。「強みとしたいのは、コート上の5人が原則を理解して瞬時にシンクロして協力できるバスケットボール。世界一のアジリティを追求したい。ただ速いだけではなく、いろんな状況により速く的確に適応していくこと」と、ゲームのアプローチに関しても、役割ごとの“分業制”を強く印象付けていたホーバス氏とは異なる印象での説明があった。「ディフェンスのプレッシャーのかけ方や、オフェンスで相手の状況に応じて素早く原則を生かして協力し、自分たちの強みを発揮できる。5人が一体となって、瞬間瞬間のプレーを積み重ねて行くところを見ていただきたい」


 残りの30%は、理解された原則の遂行力を上げていく部分だという。「素早いアジリティの中でできたチャンスを見逃すことなく自分の強みを発揮して得点につなげるところが、まだ自分の力を信じきれていなかったり、流れを読みきれていなかったりして、躊躇してしまうところがあります。強みと状況を理解して、ここだという気持ちで攻めに行くのと、そのボールマンの意図やねらいを感じとって(周囲が)サポートしていく。ディフェンスは、相手に比べるとサイズがないので、ペイントのカバーをどうやっていくかの仕掛けやインサイドで協力する守り方を導入したり、それをチームでいかに遂行するかと、心理的・体力的に疲れて落ちてきたときにも遂行できるようにトレーニングしていきます」


 こう語る恩塚HCの言葉には淀みがなく、非常に思考が整理されていることが感じられた。その翌日話を聞いたプレーヤーたちのコメントからは、その意図が受け入れられ、理解され、浸透しつつあることが伝わってきた。


 しかし、攻守で究極の“合わせ”を実現する世界一のアジリティーを、コート上で表現するのは容易ではないだろう。今大会では、東京2020オリンピック出場国が日本を除いて3チーム出場しており、順当な見方をすれば、その3チームが5連覇の道に立ちはだかる最大のライバルだが、相手の前にまずは自らのプレーの精度をどこまで高められているかが気になるところだ。


 絶対的なエースはいない。東京2020オリンピックでキャプテンとして、精神的支柱としてチームをけん引した高田真希(デンソーアイリス)も、アシストの女王となった町田瑠唯(富士通レッドウェーブ)もいない。決して楽ではない…どころか非常に困難な5連覇への道のりを、新指揮官率いる若き女子日本代表はたくましく乗り越えようとしている。


 東京2020オリンピックの準々決勝で歴史的なクラッチショットを成功させ、大会を通じてチーム3位の平均11.3得点、同トップの3P成功率63.6%を記録した林がキャプテンを務める。平均7.3リバウンドがチームでトップだった赤穂がいる。3x3の日本代表として東京2020オリンピックの舞台を踏み、金メダリストとなったアメリカ代表に唯一黒星をつけた山本麻衣、馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)、西岡里紗(三菱電機コアラーズ)の3人もいる。


 宮崎、オコエ、東藤ももちろん含め、国際舞台の経験という意味で、直近の大舞台を経験したプレーヤーたちの存在が効いてくる場面があるのかもしれない。前回大会で思うような貢献ができなかった悔しさをぶつけようという中田珠未(ENEOSサンフラワーズ)もいる。

 

 現地からの映像を見る限り、恩塚HCにもプレーヤーたちにも、自信が揺らいでいるような様子はまったく感じられない。それが14日の会見からの2週間、すべてが順調に進んでいることを示すサインだ。いずれにしても、新たなアプローチ、新たなリーダーシップ、新たなケミストリーで、新たな旅路が始まる。


東京2020オリンピック出場3チームが最大のライバル


 グループラウンドでは韓国代表が同じグループAだが、その韓国代表はWNBAでプレーする身長198cmのセンター、パク・ジス(ラスベガス・エイセズ)が不在。しかしオリンピック出場プレーヤーが10人おり、中でもチーム最長身(185cm)のガード、21歳のパク・ジヒュンは、61-65の僅差で敗れたセルビアとの一戦でゲームハイの17得点、7リバウンド、5アシスト(パク・ジスと並ぶゲームハイ)を記録した要警戒のプレーヤーだ。今大会では注目プレーヤーの一人に名前が挙がっている。また、チームとしての平均年齢が日本代表の23歳に対し27歳と高い分、経験値も高く、FIBAランキングでは日本代表が上(日本代表の世界8位、アジア・オセアニア3位に対し韓国代表は世界19位、アジア・オセアニア4位)ではあっても、非常に警戒すべき相手であることは間違いない。


 グループBはランキング上位の中国(FIBA世界ランキング7位、アジア・オセアニア2位)とオーストラリア(同世界3位、アジア・オセアニア1位)が、順当に上位に入る公算が強い。中国は200cm越えセンターが2人(205cmのハン シューと200cmのリー ユェル)、190cm以上のプレーヤーはその2人を含め5人登録されている。22歳で身長184cmのシューティングガード、リー・イファンを代表に初選出するなどチームとしては若返りを図っているようだが、世界的に見ても超大型チームであることは依然として変わらない。仮に日本代表が準決勝か決勝で対戦するならば、その試合こそ、恩塚HCが目指す「世界一のアジリティーで高さを凌駕する」わかりやすい例となる。


 オーストラリア代表には、やはり190cm越えのプレーヤーが2人いる。また、現在大会公式サイトで確認される12人のロスターには、WNBAでニューヨーク・リバティーをプレーオフに導き、つい4日前の23日にファーストラウンドを戦ったばかり(フェニックス・マーキュリーに敗れシーズン終了)のベテランシューティングガード、サミ・ウィットコムが登録されている(もう一人、同じリバティーに所属するスモールフォワード、レベッカ・アレンの名はない)。経験と高さを持つチームであり、このチームもまた、日本代表が対戦する場合には難敵となることは間違いない。


 結果はどうなるか誰にもわからない。ただし、東京2020オリンピックの女子日本代表は、信じることの大切さを体現し、結果を残した。そして生まれ変わった今回のチームも、信じるべき数々の理由を提供してくれている。

 

☆次ページ: FIBA女子アジアカップ2021登録プレーヤー12人の紹介

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内