Bリーグ

Bリーグ

2021/10/01

丸山太陽というダイヤの原石 - B3岐阜スゥープス期待のスイングマン直撃インタビュー

 バスケットボールとの出会いは小学校4年生のときだった。当時から背が高かった少年の心はすぐにその虜になった。有力校の勧誘を受け、高校バスケットボール界での飛躍を夢見たが、部活は肌になじまず一度は褐色のボールに背を向けた。


 アイツ、逃げ出したんだってな――そんな言葉に心臓がギュッと締め付けられた。トライアウトで3x3の渋谷フューチャーズに加わり、5人制の相模原プロセス(地域リーグ)でもプレーを再開。向き合いなおしたバスケットボールは、やっぱり楽しかった。


 丸山太陽。身長197cm。軽々両手でダンクをぶち込み、アウトサイドからも得点をねらえ、走れる。どのチームも大型化が進んでいる中、このサイズで2番、3番での活躍を期待できるダイヤの原石が、この秋B3の岐阜スゥープスで眩しく輝こうとしている。

 

©岐阜スゥープス

3x3の世界からB3への新たなチャレンジ

 

――岐阜スゥープスへの加入を決めた決定的な要因は何でしたか?


 6月にTokyo Samurai(東京を拠点に活動するAAU[Amateur Athletic Union=若年世代の育成に主眼を置くアメリカのスポーツ団体])のショウケースに参加させていただいた際に、複数のエージェントの方から声をかけていただきました。その中でとても丁寧に接してくださった方がいて、その方のお話の中で早い段階に持ってきてくださったものの一つが岐阜スゥープスでした。実際、話してみたいと言ってくださった最初のチームが岐阜で、GM兼選手の田中昌寛さんと那須史明社長のお二人と、ズームでお話しさせていただいて、その後練習にも参加させていただきました。田中昌寛選手、荒川凌矢選手、増本優太選手、杉本憲男選手とマネジャーの中野大介さんが一緒で、よくしていただきました。

 

 まだ自主練だけだったので、全体の雰囲気はわかりませんでしたが、一緒にプレーさせていただいてベテランや年上の方々に親切に接していただきました。案内していただいた町も魅力があるなと感じたし、僕もできれば時間をおかずに決めたいなとも思っていたので、その帰り道にはもうエージェントに「ここでやりたいです」と返事をさせていただきました。

 

――Samurai Showcaseがきっかけということですか?


 そうです。あの機会がきっかけで決まりました。


――Tokyo Samuraiとはどんなご縁だったのですか?


 あのとき初めて接点を持ちました。きっかけは、当時所属していた3x3のプロチーム、渋谷フューチャーズの兼子勇太GMの紹介で、チームから僕とユッケさん(藤村祐輔)で挑戦してみようということになりました。


――渋谷フューチャーズは丸山選手の5人制での挑戦を応援してくれていたんですね。


 そうですね、トライアウトの段階で「Bリーグは目指さないの?」と聞かれていて、僕も「3x3からBリーグ入りを目指したいです」と伝えていました。最近そのような例も増えているなと思っていたので。兼子GMからも「機会があったら知らせるから」というような言葉をもらっていました。


――そうしたら本当に良かったですね! 早々に話が進められたということですから。


 そうですね! 本当に運が良かったです。 


――岐阜に移り住んで、バスケ以外で「ここはいいところだな!」と気に入ったことや、お気に入りの場所は見つかりましたか?


 今はコロナ禍の影響もありますし、自宅と練習場の往復だけなんです。岐阜城など気になっているところはありますが…。でも、こちらにきて約2ヵ月、見るものがみな新鮮で楽しいです。静かなところが気に入っていますし、東京とまったく違う雰囲気です。


――岐阜スゥープスはどんなチームですか?


 高飛車なプライドとは違う高い意識を持っていて、選手側からも意見を出せる雰囲気があります。まだ僕自身はキャリアも知識も先輩方と差があるのであまり発言していませんが、ベテランに対して若手からとか、外国籍選手たちも通訳を介したり身振り手振りを交えて頑張って伝えています。すごく雰囲気が良いチームだと思います。

 

☆次ページ: 後半「二度とやらないつもりだったバスケが、やっぱり楽しい

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • TOKYO2020 トーステン・ロイブルコーチ インタビュー
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内