Bリーグ

Bリーグ

2021/09/05

琉球ゴールデンキングスが金城茂之の#6を永久欠番に

写真/琉球ゴールデンキングス

 

 琉球ゴールデンキングスの創設当初から、その歴史の一部として人生を歩み、2020-21シーズン終了後に仙台89ERSの一員として現役を引退した金城茂之。キングスは9月4日、金城が在籍していた当時の背番号#6を永久欠番とすることを発表した。

 

 沖縄県出身の金城は、キングスが創設されbjリーグに参戦した2007年から、Bリーグ2018-19シーズン終了までの12年間にわたってキングスに在籍。その間、初シーズンのリーグ最下位(10勝34敗)に始まり、bjリーグ時代にリーグ制覇を4度成し遂げたキングスに欠かせないプレーヤーとして存在感を発揮した。

 

 Bリーグ創設初シーズンには、2016年9月22日に代々木第一体育館で行われた、アルバルク東京との歴史的開幕戦のコートにも立っている。ベンチから登場して、22分26秒の出場時間で9得点を記録したこの試合をはじめ、2016-17シーズンは60試合すべてに出場し、チャンピオンシップ進出に貢献した。

 

写真/琉球ゴールデンキングス

 

 その後2シーズンを経た2019年のオフ、bjリーグ時代に金城とともにキングスを2度チャンピオンの座に導いた桶谷 大がヘッドコーチ(現キングスHC)を務める仙台に移籍。仙台はジェネラルマネジャーの志村雄彦も、bjリーグ時代のキングスに在籍した経歴を持っており、金城にとっては元チームメイトという縁のある人物だ。志村GMは当時このリユニオンに温かな歓迎の意を表していたが、現役引退に際しても金城をアシスタントコーチ兼スキルコーチとしてチームにとどめ、金城の実力と人柄に対する信頼と敬意を示している。

 

 キングスのチームメイトやクラブのフロントはもちろん、沖縄の人々に広く愛されたバスケットボール・ヒーロー金城。クラブ広報の永久欠番発表には、「沖縄への多大なる貢献へ感謝の意を表すると共に、背番号#6を背負い長い間キングスを牽引し、キングスのカルチャーを積み上げてきた1人として、多くの方の記憶に残り続けることを願っております」とのコメントも添えられていた。

 

写真/琉球ゴールデンキングス


▽金城茂之氏 コメント


 このたび、私がキングス在籍時に着用していた#6を永久欠番にしていただきありがとうございます。

 

 しかし、スタッツでの貢献も少なく、ケガも多かった私が永久欠番になることにしっくりきていませんし、キングスには迷惑をかけてしまったという思いの方が強いです。キングスからは、社会活動での地域とのつながりや、喜びや感動、そして苦難など多くの経験をさせてもらいました。今は、本当に恐縮な気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。


 キングスが創設当初から掲げている「沖縄をもっと元気に!」という活動理念がありますが、私も勝手にその理念を胸に活動していきたいと思います。今は、沖縄から離れていますが、日々成長して沖縄に戻ったときにはさまざまな形で「沖縄を元気に」できるように、キングスの#6という番号に恥じないように精進していきます。


 キングスファンの皆さん、これからも琉球ゴールデンキングスをよろしくお願いします。

 

▽球団コメント 木村達郎 代表取締役社長


 今回の発表を待つまでもなく、#6が永久欠番となることは、引退前はもちろん移籍時点においてもファン、スポンサー、メディア、キングス関係者にとっては既定路線だったのではないでしょうか。このように表現しても過言ではないほど、金城選手の貢献は大きなものです。


 球団創設期は、沖縄アリーナが完成した今では想像も出来ないような厳しい事業環境でした。あの絶望的な困難を乗り越えた経験があったからこそ、東日本大震災でリーグ戦が中断した時も、コロナ禍でシーズンが打ち切りになった時も、心折れずになんとか球団経営を継続できていると痛感します。


 ジェフ・ニュートン氏が愛用した#50に続き、キングスにとっては2人目、日本人選手としては初めての永久欠番となります。現在進行形で、生え抜きのキャプテンの田代選手や前キャプテンで県出身選手の岸本選手を筆頭に、今のキングスを築き上げてくれている在籍中のプレーヤー、そしてコーチやスタッフや社員の貢献が語り継がれ、後世のキングスと沖縄の地域社会の発展へ繋がることを願っております。

 

写真/琉球ゴールデンキングス

 

▽岸本隆一選手 コメント


 シゲさんとはキングスで7シーズン共にプレーして、本当に多くの思い出があります。シゲさんが引退して、代わりに自分が6番を付けようと思っていましたが、永久欠番になり、背番号#6がキングスの歴史として残り続けることを本当に嬉しく思います。そして、これまでシゲさんを応援していたファンや、キングスに関わる方々も自分のことのように嬉しく感じていると思います。

 


金城 茂之
生年月日 :1984年11月23日(36歳)
身長   :185cm
体重   :80kg
ポジション:SG/SF
出身   :沖縄県
出身校  :大東文化大学
主な経歴 :
2007-19 琉球ゴールデンキングス
 2008-09 bjリーグ優勝
 2011-12 bjリーグ優勝
 2013-14 キャプテン就任、bjリーグ優勝
 2015-16 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ優勝
2019-21 仙台89ERS


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内